2016年08月03日

元気は気から

病は気からと申しますが、
その逆もまた然り。

それが本当に分かりました。

病気そのものにはドクターが出番。
心のフォローは家族。

でも、今回は入院前から、
友人や野方のフェローたちのみならず、
お客さまからまで温かいご声援を頂き、
それが回復の大きな後押しになったとしか思えません。

入院日数は予定のほぼ半分ですし、
既に街中を歩き回っているともこに会った人は、
ズル休みしているだけのように見えたでしょう。

本当にありがたいことだと思います。

外国に住む敬虔な信仰心を持つ友人たちからも、

「ジーザスがついているから大丈夫だ!」
「ブッダが見守っているよ!」

こうしてイエスやブッダまで応援してくれているのですから、
もう心配はいりません。

しかし、次の難関がそろそろ始まりそうです。

ともこが最も苦手とすること。

それは休息。

とにかく、じっとしていられない人なのですよ。
僕は幾らでもホ〜っとしていられますが、
彼女は常に何かをしていないと落ち着かない。

今日で退院して3日。
既に、外で遊べず、
おもちゃも取り上げられた子供のような顔になっています。

やれやれ・・・

えーじ
posted by ととら at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記