2016年08月31日

旅の空の下で

8月が終わります。

まだ暑さは残っていますが、
皆さんはこの夏をどのように過ごされましたか?

僕は、久し振りに夏休みが取れたので、
ちょっと旅行に行って来ました。

え? 知らなかった? 何処へ行っていたんだ?

それは、ずっと、ずっと、昔の、
僕の旅の、始まりの日まで。

旅は空間だけに限りません。
ちょっとコツが分かれば、
時の旅も出来るのですよ。

面白いものでね、
歳を取ると、
体力的には以前できたことができなくなったりしますが、
逆に、
青臭い若僧の時には見えなかったものが見えたり、
聞こえなかったことが聞こえたりしませんか?

ねぇ、ご同輩。

それは「知る」と「分かる」の違いと言ったらいいのかな?

机に向かって本を開き、お勉強すれば「知る」ことはできますが、
自分の足で歩いた経験からでしか「分かる」ことはできない。

そんなことも、分かったことのひとつ。

もちろん、僕は凡人ですから、
すべてが分かった訳ではありません。
ほんのちょっとだけね。

でも、ちょっと分かると、
時の旅くらいは出来るようになるみたいです。

旅から旅へ。
ああ、旅してばかりだな、僕は。

旅の空の下で、何かが分かりそうな気がする。
もう少しで分かりそうな気がする。
でも、結局、あともう少しというところで分からない。

場所が間違っていたのか?
道が間違っていたのか?
季節が間違っていたのか?
それとも? それとも?

旅は楽しい。楽しいから旅をする。
でも、心の何処かに、
いつも、あの、分かるかもしれないという、
子どもの呟きのような声がある。

旅の空の下で、僕はいつもあの声を聞いている。
そうして、いつまでも、どこまでも、
始まりすらなかった旅が続いて行く。

ああ、なんだか、
久し振りにオートバイに乗りたくなりました。

過ぎ行く夏を追いかけて、
あの遠い、遠い、南の島を目指して。

えーじ
posted by ととら at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記