2016年10月03日

キッチンの錬金術師

エチオピア料理の最終日。

さぁ、これから夏も本番だ、と始めた7月の初旬。
そして秋雨がぱらつく今日。
時間と言うのは不思議なもので、
前を見ると随分さきに思えることも、
振り返ればあっという間ですね。

試作の段階で思い出すのはスパイスの配合。
大まかなレシピの情報と、現地で購入したサンプルをもとに、
正確な割合を探り出したのですが、これが何とも難しかった!
その理由はスパイスの時間変化です。

特にパウダータイプは、挽いた直後から急激に香りが薄まるだけではなく、
ミックスした他のスパイスと『化合』して行くので、
1日ごとに3日続けて調合し、3日後にその3種類の香りを比べると、
その違いには目を見張らんばかり。

ですから試作する時に、
ものによってはすぐ味見が出来ないこともあるのです。

料理は化学変化そのものなんだ。
とは、この仕事を始めてつくづく思ったことのひとつ。

そういえば、うちの料理長、実は理系でした。

えーじ
posted by ととら at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記