2017年02月13日

第13回取材旅行の準備 その3

タスクが詰め込まれた危ういスケジュールも、
何とか予定意通りに消化して、
残るはお店のシャットダウンだけになりました。

いやぁ〜、イレギュラーなことが起こらなくてほんと良かったです。
こういう綱渡りオペレーションをやっていると、
『薄氷を踏むような』という比喩がリアルに実感できますね。
可能な限り前倒しで仕事をしてはいるものの、
最後がギュっとなるのはお約束。

しかし、疲れた時に元気が出るのは、
お客さまや野方のフェローたちから、
「行ってらっしゃい!」と声を掛けられた時です。
本当にいつもありがとうございます。

さて昨夜遅く、
というか今日の未明、最後の現地情報を確認したところ、
寒波が緩み、冷え込んでも札幌か旭川くらいの気温のようです。
気になる治安や疾病も問題なし。
成田の天候もいいのでオールグリーンの出発です。

今日は18時に野方を出て新宿から成田エクスプレスで空港へ。
このルートだと、感覚的に「ああ、旅が始まったな・・・」と感じるのは、
新宿駅の5、6番線ホームへ続く通路に入ったあたりから。
終日ごったがえしている新宿駅で、あそこは唯一異空間的なところなのですよ。
何と言っても急に人がいなくなりますからね。
そして僕らが取材旅行に出るのはシーズンオフの所為か、
ホームに上がっても乗客の姿はまばら。
それでいて反対側のホームは通勤の方たちでいっぱい。

ああ、いで立ちからして違いますからね。
野方駅のホームにいる時から、
僕らのようなバックパッカースタイルはかなり浮きます。
今回の装備は寒冷地仕様なので、結構な量になりました。
空港でチェックイン前にコートも入れるので、
僕のバックパックの容量は最大100リットル級です。

それではそろそろ自宅に戻って着替えてきます。
次はアテネから!

えーじ
posted by ととら at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記