2017年03月03日

Seven years in Nogata

「ねぇ、7年前のこの時間、私たちは何をやっていたかしら?」

昨夜、営業が終わって賄いを食べていた時、
ふと、ともこがそう訊いてきました。

ととら亭を開業する前日の深夜・・・か。

2カ月に及ぶ膨大な開業準備作業ですでにボロボロだった僕らは、
最後の気力を振り絞って、
初日のお客さまに配るパウンドケーキの袋詰めをやっていたのです。

そして翌日からは、
まさしくジェットコースターに乗ったような日々が、
数か月間に渡って続いたのでした。

ようやく営業のリズムが作れたのは1年後。
人間らしい生活に戻るには、
それから更にもう1年が過ぎるのを待たねばなりませんでした。

思えば独立は、
かつて経験したことのない人生の変化だったと思います。
生活の全てが変わりましたからね。
だけど正しい決断だったんじゃないかな?
確かにえらくしんどいですけど、
こういうのは僕たちの旅とそっくりですから。

僕たちが求めていたのは、
事業の成功や社会的なステータスではなく、
とどのつまり、『自由』だったんだと思います。

え? 恰好つけ過ぎ?
でも、本当にそうなんですよ。

今日は独立して7年と1日目。

せっかく自由になったんだから、
自由な旅を続けよう。

えーじ

20170303.jpg

posted by ととら at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記