2017年07月26日

A4一枚の真実

2002年の夏。

僕たちがダブル失業中、
今後の生き方を考えるためにやったのは、
A4の白紙に、
『僕たちは何をしている時がハッピーなのか?』を書き出すこと。

この結果は実に衝撃的でした。

なぜって、
じっくり絞って書き出した二人分の幸せが、
たったA4の白紙1枚に収まってしまったから。
しかも裏側は使っていません。

もうひとつ驚いたのは、
生れてそれまで費やした多大な時間と努力とおカネの対象が、
その幸せとは、あまり関係がなかったことです。

これを認めるのは、歳を取っていればいるほど難しい。
投資したものがあまりにも大き過ぎますからね。
しかし逆説的に、この認めがたい真実は、
歳を取ってみないと分からないことでもあります。
ね、ご同輩?

でも僕らの場合、問題を解くカギはシンプルでした。

それまで必死にしがみついてきたものごとを手放す勇気。
人生の新しい旅を始めるために必要なのは、
キャリアや銀行預金の残高ではなく、
とどのつまり、それひとつだったんですよ。

次の街に行くには、今いる街を出なければならない。
当たり前と言えば、当たり前のことでした。

えーじ
posted by ととら at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記