2018年05月02日

それぞれのスタイルで

連休後半が始まります。
今度は少し遠出する人が多いようですね。
旅の始まりと言えば駅や空港、バスターミナル。
GWのこうした交通のハブは大混雑で、
皆さん出鼻から「うへぇ〜・・・」となりがちでしょうけど、
待ち時間や混んだ車内でも楽しめることがあるんですよ。

こうした時に僕がよくやるのはマンウォッチング。

あ、じ〜っと見るんじゃないですよ。
怪しまれちゃいますからね。
さらっと見渡すんです。

ほら、いろんな人がいるでしょう?
最近は外国人観光客が増えて空港以外でも国際色豊かになったし。

僕はしばしば服と持ち物から行き先を想像して楽しんでいます。
またちょっとしたカテゴライズゲームも面白いんですよ。

永らく旅人をやっていて気付いたんですけどね、
旅の種類は数あれど、旅人のタイプというのは、
意外と単純化してカテゴライズできるんじゃないかな?

たとえばですね、
一人旅派かグループ派か?

言い換えると一人旅についての解釈ははっきり分かれると思います。
「こいつはやめられねぇ!」
となってしまうか、
「こんな寂しい旅はこりごりだ!」
という具合に。

また日常についての考え方も旅のスタイルに大きく影響します、
旅に出る時は可能な限り日常を切り離す『非日常型』と、
できるだけ日常を持ち歩こうとする『日常型』。

見分け方は簡単です。
荷物が少なければ前者、多ければ後者ですからね。

そしてもう一つは計画性。
往復の交通手段の手配だけで飛び出してしまう『出たとこ勝負型』から、
(片道だけ、というのもたまにいますけど)
交通手段と宿泊のみならず、
訪れる観光地や飲食店とそのメニューまで、
すべからく予約して行く『堅実型』。

最後が行き先の選び方。
あなたは行ったことがない場所か、
馴染みの場所のどちらを選ぶタイプですか?

身軽な旅を好むバックパッカーでもここは意見の分かれるところです。
気に入ったところを繰り返し訪れる『リピーター型』と、
一度行ったところを最初に行き先リストから外す『冒険型』がいるのですよ。
これは外見で見分けるのが難しいですね。

あ、もうひとつありました。
それは他者への接し方。
積極的に他者へアプローチする『外向型』と、
同行者以外とはあまり接触しない『内輪型』。

一人旅であれば自ずと『外向型』にならざるを得なかったのは昔日の話です。
今では道やお勧めの店を訊く相手がローカルではなく、
スマートフォンになりつつありますからね。

極端な話、ソロでもスマホがあれば、
ほとんどローカルと会話をせずに旅をすることも可能になりました。

ま、僕はしこしこ端末をこするより、
訊いてしまった方が手っ取り早いので声をかけますが。
(最近はスマホに「話しかける」んだっけ?)

旅は旅をする人の数だけあります。
そしてそのスタイルには一般化できる『正解』はありません。
僕たちが選んだ旅は、自分自身にとって常に正しいんですよ。

これから出発するあなたは、
どんなスタイルでどこへ旅をするのかな?

Have a nice trip and good luck!!

えーじ
posted by ととら at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記