2018年07月07日

モザンビーク料理が始まります!

帰国して2日間の『オフ』が終わろうとしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、こんな書き出しをしてみたいものだと思いつつ、
8年余の月日が流れてしまいました。

そう、白状するまでもなく、昨日の朝お話ししましたように、
あれから二人してず〜っとメニュー替えの仕事をやっていました。
名実ともにブラックレストランでございます。

本当はもうちょっと早く終わらせる予定だったのですけどね。
それは取材旅行中にある程度のキャプションを書き終え、
写真の仕込みも半分は済ませておくことが前提だったのですよ。

ところが毎日足を棒にして歩き詰め、
宿に帰るころにはもうくたくた。
半分寝ながらブログを書いているようじゃ、
ほかの仕事なんて出来るわけがありません。

で、トホホなゼロスタートとなりました。

しかし弱音を吐いてはいられません。
今年2月に行ったアフリカ南部の取材は、
いつもにもまして気合が入っていましたからね。
ご紹介する料理もこれまで取り上げた
他のアフリカの地域のものとはだいぶ違っています。

それにですよ!
あの辺を個人で旅した方ならお分かりいただけると確信していますが、
モザンビークの料理を『安全かつ衛生的に』食べられるアドバンテージは、
はかり知れないものだと思います。

それから今回はアンコールではなくプラスワンでもう一品やっています。
これはオマケではありません。
ある意味、あの困難な旅に出た理由であり、
この特集の本命でもありますからね!

モザンビーク料理特集

えーじ
posted by ととら at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記