2018年10月06日

Old & New

先日、運転免許証とパスポートのダブル更新で、
5年ぶりに都庁に行って来ました。

公共の交通機関が充実した東京に住み始めてかれこれ18年。
ほぼ完全にペーパードライバーとなった僕にとって、
運転免許証はたんなる身分証明書のひとつになってしまいましたが、
(実家でバイクが泣いている・・・)
パスポートは仕事柄よく使っています。

今回で10年有効のパスポートが4冊目。
中でもこの前まで使っていた3冊目は思い出深いもので、
ととら亭の歴史そのものなのですよ。

会社を辞めた2009年に更新して、
最初に押された入国スタンプが3カ月間の中南米旅行で訪れたメキシコのもの。
最後の出国スタンプは今年7月に行ったフィンランド。
この10年弱の日本出国回数は22回。
その中で訪れた国は48カ国。

スタンプはともかくビザでは1ページがフルで使われてしまいますから、
この数ともなるとページが足りなくなりそうですけど、
残念ながらページの増補にはなりませんでした。
比較的行った回数の多いヨーロッパでは、
多くの国がシェンゲン協定に加盟しているので、
たとえば4カ国を周っても圏外から入った時の入国スタンプと、
圏内から出る時の出国スタンプしか押されませんからね。

中でも思い出深いページはブラジルのビザかな?
あれは日本で取得したのではなく、
メキシコシティのブラジル大使館で苦労して取ったのです。

何が大変だったかって英語が通じなかったんですよ。
大使館なのに。
しかもビザの申請書も英文併記ではなく、スペイン語のみ。
料金は指定銀行で振り込み、その証明書を持ってこなければならないとは!
スパニッシュ齧りかけの僕は完全にお手上げ。

しかしそこは親切なメキシコ人&ブラジル人。
お客さんの中から英語が話せる人を探し出し、
即席通訳をやってくれました。

こうしていろいろなスタンプやビザを眺めてみると、
写真とは別に思い出すことが沢山あります。
ただでさえ国境はドラマとトラブルに満ちているところですからね。

片やまっさらな新しいパスポート。
最初に押される入国スタンプはどこになるのか?

実はもうブッキングが終わっているのですよ。
その詳しいお話はまたあらためてしましょうね。

えーじ
posted by ととら at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記