2018年12月09日

忘れられた歌

先日、ウブドのラヤ通りを歩いていたら、
はっと目を引くカップルが目に飛び込んできました。

推定年齢75歳前後の白人男女。
二人とも背中の半分くらいまで垂れた長髪、
その髪を額に留める色褪せたバンダナ、
日に焼けた肌にタトゥー、
無国籍風のサイケなファッション・・・

彼らはまさしく、
ベトナム反戦映画などで登場するヒッピーじゃないですか!
いやぁ〜、久しぶりに会いましたね、先輩!

そう、バンコクのカオサン通りが『健常化』した昨今、
バックパッカーの始祖ともいえるヒッピーたちの一部は、
ウブドに流れつつあるのかもしれません。

今でこそたんなる貧乏旅行の1スタイルになってしまったバックパッカーですが、
そもそもは既成秩序た対する、
カウンターカルチャーの傍流として生まれたものなんですよ。

つまり格好良く言うと、旅のスタイルのひとつではなく、
反骨的な『生き方』そのものだったんですね。

その先輩たちも高齢化が進み、
最近はかつて聖地とまで言われたネパールのタメヤン地区や、
インドはカルカッタのサダルストリート、ゴア、
モロッコのマラケシュでも、だいぶ少なくなってしまったようです。

この辺の話は、あまり日本で馴染みのないことかもしれません。
海外旅行が一般化したのは円の為替相場が変動制になり、
バブリーな経済の後押しがあってからですし、
なにより欧米と比較して旅行という文化そのものが希薄でしたからね。
日本人バックパッカーの魁は、欧米に遅れること10年、
今の年齢でいうと60歳以下ではないでしょうか。

精神性においても共通するものがあると思います。
日本でも学生運動はありましたけど、
暴力的な方向に流れてシンパと社会的な共感を失い、
やがて残党も出る釘は打たれるように、
敵対した体制に飲み込まれてしまいました。
(あ〜、いちご白書をもう一度・・・)

その後のステージに『しらけの世代』が上がり、
インターネットの普及と共に『仮想現実の住人たち』にバトンが渡ったいま、
金銭的な節約以上の何かをバックパッカーに求めても、
無理な相談なのかもしれません。

「若僧、おめぇらに何も期待しちゃいねぇよ」

深く刻まれた皺の奥から、
ボブ・ディランのような鋭い眼光で、
彼はそう言っていたような気がしました。

風に吹かれて

あの歌の歌詞を読んでも、
心に感じる人は減ってしまったんだろうなぁ・・・

特にいまの日本では。

えーじ
posted by ととら at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月05日

第6回研修旅行 番外編

南国とはいえバリ島の気温は石垣島とほぼ同じだし、
帰国した昨日の東京が12月とは思えない暖かさでしたから、
環境適応はすんなり出来たようです。

時差が1時間しかなく宿泊地を変える移動がなかったのも、
体が疲れていない理由の一つかもしれません。
というわけで、二人とも今日は朝から元気いっぱい。
ととら亭の再起動を着々と進めています。

そうか、もう一つリフレッシュできた要素がありました。

帰国日の夕方、スパに行ってきたんですよ。
バリはリラクゼーションでもよく知られています。
それをお目当てに来た女性たちをたくさん見かけました。

ふ〜ん・・・リラクゼーションねぇ。
どれくらいするのかしらん?

と店頭のタリフを見てみれば、
バリのトラディショナルマッサージが1時間コースでなんと約640円!
これなら後学も兼ねて行ってみる価値はあるかも。

しかし以前にタイマッサージで体がバキバキになったともこはパス。
それじゃ僕ひとりで行きますか。

そして約1時間半が過ぎ・・・

「ただいま〜」
「おかえり〜、どうだっ・・ え? なぁにこれ?」
「ん?」
「なんかすごい匂いがするよ」
「ああ、オイルマッサージだったんだ」
「オイル? デパートの化粧品売り場みたいに強烈!」
「だって全身に塗られちゃったんだよ」
「パンツの中も?」
「そこは残念ながら抜き。でもお尻をもみもみされた」
「バカ。で、シャワーを浴びてもこんなに匂うの?」
「いや、浴びてないんだ」
「浴びてない?」
「だって終わったのかな? と思ったら、
 Finish massage.と言い残して、
 お姉さんは部屋を出て行っちゃったんだよ。
 シャワールームらしき場所もなかったし」
「じゃ、そのまま帰って来たの?」
「うん」
「ひゃあ〜、さっさとシャワーを浴びちゃってちょうだい!」

ってわけで石鹸をつけて全身を洗ったものの、
いまいち落ちない。
夕食から帰ってもう一度洗っても、
まだ部分的にオイルがとれません。

「ちょっと〜、それで飛行機に乗る気?」
「だってしょうがないじゃん。落ちないんだもの」

やっぱりオフでも何かが起こる僕らの旅。
今回のオチはプルメリアの花の香りがしました。

さて、営業は今日のディナーからです。

え? まだ匂うのかって?

昨夜風呂に入ってゴシゴシ洗ったらさすがに落ちました。

ん〜・・・勉強になるなぁ。

えーじ
posted by ととら at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

第6回研修旅行 その6 最終回

インドネシアは近いですね。
昨夜、定刻にングラライ国際空港を離陸したGA880便は、
ほんの6時間23分で成田空港に到着しました。
直行便で行くことが少ない僕らには、
あっという間の空の旅でしたね。

朝8時半。雨上がりの成田はやや暖かい曇り。
飛行機を出るなり時間の流れが加速するのを感じます。
自動化が進んだイミグレーション。
さらにバゲッジクレームに着いたとたん出てきたバックパック。
税関も申告書とパスポートを出してさらっとスルー。
とどめはクレジットカード支払いが可能な自販機で、
成田エクスプレスのチケットを買い、その10分後には新宿へ向けて出発!

ひゅ〜・・・

ま、その良し悪しは別として、
東南アジアの国々でこんなスピーディーな移動はまずありえないでしょう。
優秀なシンガポールのチャンギ国際空港ですら、
もうちょっとペースは遅いと思います。

今回は同じ宿に長逗留だったので、
スタッフのほとんどが顔見知りになりました。

id_friend.jpg

なかでもよく話をしたのがスカリーニさん。
彼女はここから少し北の田園地域に住み、
スクーターで15分かけて通勤しています。

実は彼女とは前回ここに泊まった時にも会っていたんですよ。
朝食の時間にいろいろ話を聞くのがとても楽しみでした。
素朴な疑問は現地の人に聞くのが一番確実ですからね。

「ウブドはパンも美味しいけれど皆さんも食べるのですか?」
「いいえ。パンはほとんど食べません」
「じゃ、朝食は何を食べるのですか?」
「お粥が多いですね」
「事前に読んだ本によると、
 朝食は前日の残り物を食べることが多いと書いてありましたが」
「朝からすべて作りますよ。バリ人の朝は早いですから。
 3時くらいには起きるんです」

僕が今まで出会ったムスリムやヒンドゥーの話では、
結婚相手を決めるのは父親であり、
子供はその決定に従うしかないそうですが、
バリヒンドゥーもそうなのかと訊くと、彼女は顔を赤らめ、

「私たちは自分たちの意思で相手を選びました。
 主人が私を見染めたのです!」

へぇ〜、そうなんだ。
じゃ、もう少し突っ込んで、カーストについて訊けば、

「バリ島ではカーストによる差別はありません。
 小さなコミュニティーですから」

僕が見たインドの実例を話したら結構驚いていました。
確かに同じヒンドゥーでもインドとはだいぶ違う印象を僕も持っています。

日本にとても興味があり、
いつか行ってみることが夢だと話すフロントの青年に、
日本の何に一番興味があるのか質問すると、

「アニメです!」
「なるほどね〜、日本のアニメは世界的に人気があるからな。
 その中で何が一番好きなの?」
「Naruto! それからドラゴンボールも」

そういえばベトナム系ノルウェー人のダニエルも、
同じようなことを言っていたな。

今回、ウブドを中心に歩き回っていて驚いたのが、
一度も「ニーハオ」や「アンニョンハセヨ」と声をかけられなかったこと。
観光客の国別比率でいえば中国人が圧倒的に多かったものの、
誰一人として間違えて声をかけてきた人はいませんでした。

ソウルでも同じことがありましたが、
あの時と同じように、
「何となく」僕らは日本人だと分かるのかもしれませんね。

もうひとつ強く感じたのは、
彼らの民族的アイデンティティーが、
インドネシア人ではなく、バリ人だということ。
これは宗教的にマイノリティだということもあるかもしれませんけど、
(ヒンドゥー教徒は全体の1.63パーセント)
ちょっと踏み込んだ話をすると、彼、彼女たちからは、
強いバリ人としての誇りを感じることができます。

香港に行った時に、
「われわれは中国人というより、むしろ香港人なんだ」
と言っていたクッキングクラスの先生をふと思い出しました。

経済成長を続けるインドネシア。
バリ島でも2013年に新国際線ターミナルが完成し、
ホテルの林立する南部の変化は目まぐるしいものがあります。
ウブドもやがて、
東南アジアのよくある西洋化された観光地のひとつになってしまうのか?

今回訪れてみて、僕はそれが杞憂に過ぎないことじゃないのか?
と考えるようになりました。

確かにモノの富める日本のような国を
羨望のまなざしで見つめるバリ人は、
若者を中心として少なくないでしょう。
実際、僕らを含めてウブドを訪れる旅行者たちは、
彼らが逆立ちしても手に入らないものを身に着けています。

オレも、ワタシも、あんなものが欲しい。
そう思わなきゃウソだ。

でも、この島が日本のミニチュアのようになることはないと思います。
彼、彼女たちは、たぶん本能的に理解しているんですよ。
僕たちの『豊かなくらし』がタダで手に入ったものではなく、
大切な何かを犠牲にした結果なのだと。

個人的な時間を、家族や親族の絆を、ともに育った幼なじみたちを、
そして民族のアイデンティティを支えるコミュニティを失くしてまで、
観光客たちが持つきらびやかな『何か』を手に入れる意味があるのか?

彼らはけして言葉ではそう語りません。
でも誰もが雄弁に語っているんですよ。

そう、あのゆったりした歩き方でね。

id_us.jpg

See you on the next trip!!

えーじ
posted by ととら at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

第6回研修旅行 その5

今朝はちょっと早起きして近所のヨガクラスでひと汗流し、
ゆっくり朝食を楽しんだ後は読書や物書きをしていました。

今日がウブドの最終日ですからね。
今夜21時にチェックアウトして空港に向かい、
日付が変わった0:45の便で日本に向かいます。

今回は久しぶりの1カ所滞在型の旅だったので、
結構密度の濃い旅になりましたよ。
その辺のコアな話は次回に譲るとして、
今日はクッキングクラスと料理編で行きましょう。

id_market01.jpg

宿でのピックアップから約5時間とはいえ、
今回参加したクッキングクラスの内容はみっちり充実したものでした。
まず8時15分にピックアップされた僕らはウブド市場へ。
ここでバリ島の食文化の説明を受けます。
担当は物静かでやさしいワヤンさん。

id_market02.jpg

インドネシア語訛りの英語でしばしばperdon?してしまいましたが、
その説明はツボを押さえた分かりやすいものでした。
彼は学校で英会話を習ったわけではなく、
外国人と話すことによって自分で学んだそうです。
努力家ですね。

id_ricefield02.jpg

市場を出たらスクールの近くのライスフィールドへ。

id_ricefield03.jpg

バリ島の田んぼは共有制が多く、
苗植えから収穫まで共同作業で行ってるそうです。
収量は10メートル四方で50キログラム。

id_house02.jpg

クッキングクラス、と言っても専用の建物があるわけではなく、
バリ島の伝統的な家屋が使われています。
ですから入り口も見ての通り。

id_house01.jpg

ヒンドゥー信仰を中心としたバリ社会では、
自宅の多くにこうしたミニ拝殿があり、
ちょっとした神社のような趣があります。
ヒンドゥー教は神道と同じく八百万の神がおり、
シバ、クリシュナ、ガネーシャの他、太陽を祭る拝殿もあるのですね。
しかしながら実体としての神がたくさんいるわけではなく、
唯一の神の様々な力や側面が擬神化されているんですね。

id_offering02.jpg

レクチャのーはその神々に捧げる供物を作るところから始まりました。
すべての形や花にそれぞれの意味があります。

id_offering01.jpg

美しいでしょう?
これを一日一回、拝殿や家の入り口の前に置き、
その時に祈りたい神に向かって祈りを捧げます。
僕たちも持ち帰ってバンガローのテーブルに置いておきました。

id_cookingclass09.jpg

さて、ここから本番です。
まず、今日のクッキングクラスで使うすべての材料の説明から受けます。
僕らは以前のインドネシア特集で知っていましたが、
ジンジャーだけでも4種類あることに受講生たちは真剣な面持ちです。

id_cookingclass08.jpg

さぁ、実習の始まり始まり! 約20名ほどの受講生は2チームに分かれ、
一般食とアレルギー・ベジタリアン食をそれぞれ担当します。
僕らのチームのインストラクターはラブリーなアヤさん。

id_cookingclass04.jpg

メニューは結構多いですよ。

Sup Jamur (Mushroom Soup)
Tempe Manis (Sweet Fried Tempe)
Sayur Urap (Mix vegetables in Coconut Spices)
Sate Lilit (Balinese Satay)
Pepes Ikan (Steamed Fish in Banana Leaf)
Nasi Kuning (Yellow Rice)
Pergedel Jagung (Fried Dumpling Corn)
Sambal Matah (Raw Spices with Coconut Oil)
Dadar Gulung (Rolled cake with Coconut and Palm Sugar)

ですから受講生それぞれがすべてを作るのではなく、
分業制で作ってゆきます。
受講生はスウェーデン、オーストラリア、アメリカ、日本など、
まさしく多国籍。会話はすべて英語で行われます。

id_cookingclass10.jpg

みんなで分担して刻んだ素材を石のすり鉢に並べました。
きれいでしょう?
今度はこれをゴリゴリすりつぶしてペーストにします。

id_cookingclass07.jpg

量が多い場合は臼の登場。
冠婚葬祭で大量の料理を用意する場合は、
10キロ分くらいを一度に作れる大きさの臼を使うそうです。
「ブレンダーは?」の質問にアヤさんは、
「味が変わってしまうので使いません」とのこと。
う〜ん、わかる気がします。

id_cookingclass05.jpg

事前の経験があったからか、今回のともこは余裕ですね。
アヤさんとも、ともこ語で話をしつつ、さくさく進めています。

id_cookingclass03.jpg

これはサテリリッをココナッツの炭で焼いているところ。
覚えています? 
これ、ととら亭で2年前のインドネシア料理特集でやったんですよ。
レシピはほぼ同じでしたけど、
ともこのレシピの方がもうちょっとスパイシーかな?

id_cookingclass01.jpg

さぁ、そろそろデザートです。
パンダンリーフの煮汁で香りと色を付けた米粉のクレープ。
ワヤンさんにアシストしてもらって、
焦がさないようにふんわり焼き上げます。

id_dessert.jpg

じゃ〜ん! 出来ました!
多国籍軍の初仕事にしては上々でしょう?

id_foods.jpg

最後はビュッフェ式にみんなで試食です。

id_mealtime.jpg

以前の経験があったとはいえ、
8割は初めてのレシピだったので大変勉強になりました。
え? 肝心な味はどうだったのかって?
もちろん「エナッ!(おいしい!)」。

この1週間、朝食を除いてインドネシア料理、
いやバリ料理の食い倒れ状態でした。
ほんと、美味しいものが多いんですよ。

id_warong.jpg

ランチでよく入ったのがワルンと呼ばれるローカル食堂。
開放的で入りやすい店がたくさんあります。
値段も500円前後で1食完結。
バックパッカー御用達のお店ですね。

id_babi.jpg

ジャワ島などムスリムの多い島ではまず食べられないのがポーク。
これは豚の丸焼きのそぎ肉にピリ辛のサンバルをかけたもの。
ビールがベストマッチです。

id_gadogado.jpg

おっと端折りました。
前菜はまず甘いピーナッツソースで温野菜を食べるガドガドかな?
店によってはこれにナシ(ご飯)がついて定食になってます。
ベジタリアンに人気です。

id_sate.jpg

つまみにはサテもいいですね。
もちろんこうして定食として食べる人もいます。
香ばしくてビールもご飯も進みますよ。

id_restaurant02.jpg

ディナーはちょっとお洒落なレストランへ。
欧米人の観光客が多いウブドではレベルの高い店がそこかしこにあります。
しかし値段はリーズナブル。二人で3,000円も出せば満足できるでしょう。
ここは僕たちお気に入りのミロスガーデン。
洗練されたバリネーズ料理が楽しめます。

id_richaricha.jpg

これはトマト風味のサンバルでチキンを煮込んだアヤムリチャリチャ。
甘塩っぱい味とサンバルの風味が食欲をそそります。

id_nashicyampur.jpg

もし皆さんがバリ島を訪れて何を頼むべきか迷ったら、
まずナシチャンプルから始めてみてください。
ご覧の通り、さまざまなおかずがご飯の上に乗ったワンプレートもの。
一人旅でもこうした料理があるといろいろ楽しめます。

id_copiruak02.jpg

前回お話ししたコピルアック。
イタチの糞に混じって出てきたコーヒー豆で淹れたものなんですけど、
お味の方は・・・フツーに美味しいコーヒーでした。
個人的にはブルーマウンテンなどのちょっと酸味のある豆を、
マイルドにした感じかな?

id_sunsetcafe.jpg

夕方は田園にあるオーガニックカフェへ。
ここでぼ〜っと夕焼けを見ながらコーヒーを飲んでいると、
このまま旅が終わらないような気がしてきます。

id_sunsetcafe02.jpg

さぁ、日が暮れてきました。
そろそろバンガローに帰りましょうか。

いつもまとめの写真入りブログを書いていて思うんですが、
ほんと、この旅の感覚を表現するのは難しい。
なんとか皆さんとシェアしたい。
かといってととらツアーを企画するわけにもいかないし・・・
(クレームがいっぱい来そうだからなぁ)

たぶん、僕の話や写真が触媒のように作用して、
皆さんそれぞれの旅の記憶を呼び覚ます・・・
これができればいいんじゃないかな?

多くを望まず。

これも今回の旅でバリネーズから感じたことのひとつです。

それでは次は冬の入り口の東京からお話ししましょう。

to be continued...

えーじ
posted by ととら at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月02日

第6回研修旅行 その4

言葉だけでは伝わらないのが料理と旅。
だからなるべく早く写真をアップロードしようと思っていたのですけどね。
のんびりしつつもあれこれ出かけていたら、
明日は帰国日になってしまいました。

そこで今日はいつもと順番を変えて、
研修旅行の番外編からお見せしようと思います。

it_airmap.jpg

今回お世話になったガルーダインドネシアさん。
気流が安定していたので、飛行機はほとんど揺れず、
フレンドリーなサービスであっという間の7時間20分でした。

it_airmeal.jpg

エコノミークラスでも食事が美味しかったですよ。
ココナッツ風味のサンバルで和えたチキン。(カレーかな?)
インドネシア飯好きな僕らにはここからごちそうです。
初めての経験として「スープはいかがですか?」と聞かれました。
もちろん答えはYES。
で、出てきたのはカップに入ったチキンスープ(写真右上)。
面白いね。
ともこはここからオフ気分でビンタンビールもごくごく。

it_rayastreet.jpg

お〜、やってきました3年10か月ぶりのウブド。
ここは王宮前を東西に走るラヤ通り。
ほとんど変わっていませんね。
古い友人はあの頃のまま僕たちを迎えてくれました。

it_starbucks.jpg

でも、やっぱり微妙な変化はあります。
なんと、ラヤ通りにあるカフェロータスの右横にスタバが!
む〜・・・
ここはあんまりチェーン店に進出してほしい場所ではないんですが。
素敵なローカルカフェが沢山ありますからね。
お、しかしこのローカライズはやるねぇ!
分かります?
スタバのマークがガムランの銅鑼に描かれているんですよ。
だったらメニューにバリコーヒーやコピルア(※)もあるのかな?

it_hotel02.jpg

ここまでのブログで何度か僕たちが異空間にいるとお話しましたけど、
やっぱり文章だけじゃピンと来ませんよね?
ま、これを見てください。
中央に2階建てのバンガローがあるでしょ?
あの1階が僕たちの泊まっている部屋です。

it_hotel01.jpg

で、ベッドの上から見える風景がこれ。
目を覚まして窓を開ければご覧の通りの異空間なのです。
しかも鳥のさえずりや虫とカエルの合唱という、
ネイチャーサウンド付き。(サラウンドです)
ほんと、日常から解放されました。

it_waterpales.jpg

アンコールワットじゃありませんよ。
ウブドのウォーターパレス。
ここの隣にバンガローがあるのです。
中央の舞台では夜になると、
レゴンダンスやラマヤナバレーなどが上演されます。
僕らの部屋のテラスからはタダ見できました。(すんません)

it_monkeis.jpg

さて、じゃらんじゃらん(インドネシア語で散歩)で行った、
モンキーフォレスト。
愛くるしい(たまにグレた)野生のサルたちがいっぱいいます。
餌付けされたりしていないので、人間が近くに来ても知らん顔。
なまの生態が目の前で観察できて面白い。
彼らのまったりした様子を見て僕はニコニコモンキーズと名付けました。

it_monkeis02.jpg

この森の公園にはたくさんの石像があるのですが、
今回こんなのも見つけました。
日本では半分音遊びで使われる格言ですが、
インドネシア語では関係ないと思うんだけどな。
東照宮のパクリかしらん?

it_ricefield.jpg

では番外編としてウブドから出ましょう。
まずは美しいパチュンのライスフィールド。
ちょうど霧が出てきて幻想的なムードに。

it_budgul.jpg

次はブラタン湖に浮かぶウルン・ダヌ・ブラタン寺院。
僕たちが到着して写真を撮っていたら突然の雨が。
普通なら「がっかり〜・・・」なんですけど、
反対に深遠な雰囲気になりました。
実はここ、バリのチルアウト系の音楽CDで、
よくジャケットに使われているんですよ。
それで僕も知ったんですけどね。
息をのむ美しい光景でした。

it_tanalot.jpg

そしてもう一つのお目当てがタナロット寺院。
ここもまたCDジャケットではよく使われています。
残念ながら真っ赤な夕日をバックに撮れませんでしたけど、
これはこれで美しいじゃないですか。
雨季にも関わらず長年待ち続けたこれらの風景を見れたのは、
本当にラッキーでした。

it_restaurant01.jpg

へぇ〜、やっぱりオフだから観光もしてるんだ。
と早合点するなかれ。
料理は文化的なコンテクストでなければ理解できません。
そんなわけでこうしたところへ行くのも予備調査みたいなものなんですよ。
(半分は趣味ですけど・・・)
さぁ、次回は本番として料理やクッキングクラスのレクチャーを、
ビジュアルにご紹介しますね。

to be continued...

※コピルア
イタチにコーヒーの実を食べさせ糞に混じって排出された豆の使ったコーヒー。
バリ島でも非常に高価で現地の人はあまり飲みません。
で、お味の方は・・・次回のお楽しみ。

えーじ
posted by ととら at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記