2020年01月20日

運か実力か?

「トリポリやバールベックに行こうと思っていますが、
 現地の治安に問題はありませんでしょうか?」

「ああ、ぜんぜん問題ありませんよ!
 今日のところはね」

これは去年の11月28日、
レバノンのベイルートでお巡りさんと交わした会話です。

明日はどうなるか誰にも分からない。
確実に分かるのは、今、目の前で起こっていることだけ。

どんな国にいようとも、これは究極的な真実ですが、
日本のように、明日もまた今日と同じ一日が訪れると、
無根拠に信じてしまえる国は少なくありません。

ま、その良し悪しは別として、
字義通りに一寸先は闇の地域を旅することの多い僕らに求められるのは、
幅広い情報収集能力と冷静な判断力、そして欠かせないのが幸運です。

レバノンはここ数日でまただいぶ荒れてきましたね。
報道される写真や映像からすると、
場所はダウンタウンが中心だと思われますが、
原因が手付かずのままである限り、
抗議もまた、さまざまな形で続いて行くでしょう。

そしてこれが次の『因』となり、
続く『何か』が『いつ』『どこで』『どのように』起こるのか、
それは誰にも分からない。

出発前は入念に準備し、
旅行中にトラブルとあらば、
解決に向け、常に僕らはベストを尽くしているつもりですが、
こうしたニュースを読んでいると、

ラッキーだったな・・・

そう思わずにはいられません。

もしかしたら、
僕らが『実力で』成し遂げたと思い込んでいることのほとんどは、
本人の気付かないかたちで、運に救われていたのかもしれませんね。

ん〜・・・
謙虚な気持ちにさせられます。

えーじ
posted by ととら at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記