2020年02月07日

2020年の取材旅行は・・・

「今度はどこへ行くのですか?」

だけではなく、

「あれ? 今年はいるんですね?」

と最近しばしば訊かれます。

そう、例年であれば、
1月下旬から2月上旬は冬の取材旅行の時期。
にもかかわらずウェブの営業スケジュールにもありますように、
ととら亭は通常通りやっているんですよね。
つまり出かけていない。

その理由は・・・

新型肺炎。

と思うでしょ?

違います。

昨年11月の段階で今年の取材旅行スケジュールは、
もう決まっていたのですよ。

これまで年に冬、初夏、秋の3回、
取材や研修で海外に出ていましたけど、
今年はそれをひとつにまとめ、ドカンと長期で行こうかな?
と思っています。

その理由はふたつ。

皆さまもご存知のとおり僕らの旅はハイパー低予算。
その内訳を見ると、
実は予算の50〜70パーセントを占めるのは航空機運賃なのですよ。
これをひとつにまとめれば、
年間予算にするとかなりの節約になるのは明らかです。

それから取材の密度。
出発前には入念に計画を練り、
食文化の情報もかなり調べてはいますが、
もっとも情報確度の高い現地でそれを修正したり、
はたまた新しい事実に直面するのは毎度のこと。

で、「なるほど、それを掘り下げて!」
と意気込むものの、ここで問題となるのは時間です。
「あと1日あれば!」と言いつつ、
後ろ髪引かれる思いで現地を後にした経験は、
2度や3度ではありませんでした、

そう、僕らの旅で不足しているリソースは、
まず時間、次がおカネなのですよ。

しかしながらおカネの方は、
僕らの場合、時間さえあれば、もっとどうにかなります。
と申しますのも、
今は移動スケジュールがタイトなので、
宿は事前に予約し、場所も相場の高い市内中心部に限定されますが、
日程に余裕があれば、移動ノルマが緩み、
「今日はこの街で泊ろうか?」
という風に出たとこ勝負で安い宿を幾らでも探せます。
もともとこういうのが僕らの旅のスタイルですからね。

で、今年はどんなことを企んでいるのかと申しますと、
秋頃、2ヵ月間くらいの期間で出かけようと思っています。
それだけの時間が取れるなら、
行く先はアフリカ西部や中米、南米など、
何ごともすんなり行かない地域もじゅうぶん射程に入りますし、
ユーラシア大陸を部分的に横断し、
これまで訪れた点と点を線で結ぶ旅も可能になります。

しかし、ここまで大きい計画ともなると、
事業計画のみならず、
公私ともに調整しなければならないことが盛りだくさん。
今はぼちぼちこれに取り掛かっているのですよ。

そうした意味で、
野方に居ても、僕らの旅はもう始まっています。
それも今までになかった旅が・・・

えーじ
posted by ととら at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記