2020年02月13日

いくつになっても

わが家は夫婦仲がいい方だと思いますが、
(そうでなければ風呂とトイレ以外、
ほぼ丸一日、年中無休で一緒にいるのは難しいでしょ?)
ととら亭をペアで訪れるお客さまには、
その僕らが驚くほど『らぶらぶ』な方が少なくありません。
しかも何故か、そうした方は僕らより年上が多いのです。

たとえばある、80歳以上のご夫婦の場合。

「サチオ(仮)さん、今日のランチはどっちにする?」
「両方たのんで半ぶっこすればいいじゃろ」

で、サーブすると後ろから・・・

「あら美味しい!、サチオさん、これ食べてみて!」
「うむ、こっちも美味しいよ、ほらお前も食べてごらん」

また、冷たい北風の吹くある日には・・・

「いらっしゃいませ。あれ? 今日はここでお待ち合わせですか?」
「おや? まだ来てないかい?」
「ええ。まぁどうぞ、寒いので中に入ってお待ち下さい」
「いや、わしがここにいると家内がわからんじゃろ。
 外で待ってるよ」

そうしてご主人は寒い道路でひとり待ち始めました。
やがて5分ほど経ち・・・

「こんにちは」
「いらっしゃいませ。ご主人が外でお待ちでしたよ」
「え? あなたずっと外で待ってたの?」
「いやいや、ほんのちょっとだよ。
 わしが中にいちゃお前が分からないと思ってな」

いつもこうですから、ある日、お孫さんと一緒にご来店された時、

「おじいちゃんとおばあちゃんは、とても仲がいいですね?」

と訊けば、身内の彼女ですら少し苦笑しながら、

「ええ、ほんとにそうなんですよ〜」

そんなお二人を見ていると、
年若い頃にデート(逢引き?)していた姿が容易に思い浮かびます。

ご主人の好物は羊羹よりチョコレート。

きっと明日は、
手作りのハート形チョコレートを贈るに違いありません。

それも赤いリボン付きで。

えーじ
posted by ととら at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記