2020年02月27日

自分の旅のために その8

ご心配おかけしてすみません。

取りあえず、走れない、胡坐や正座ができない以外は、
日常生活に支障ないので、いつも通り仕事をしています。

1カ月後の医療機関がどうなっているか分かりませんが、
一昨日、手術前の事前検査が終わり、
今のところ3月25日の手術に向けて予定通り進んでいます。

その他、腰、左手首、右ひじなど他の故障個所は落ち着いていますし、
昨年5月に患った謎のめまいもあれ以来起こらないので、
当面は左ひざの治療に集中できるでしょう。

ま、56年以上に渡って酷使したのですから、
あちこちガタが来るのも仕方ありませんね。
僕はこういうことに関して楽観的です。
人間も生き物である以上、しょうがないんですよ。
歳を取るにつれて健康になって行く生物なんて、
地球上にはいません。

この点に関して僕の頭にあるのは、
自分の旅のために、今の身体能力をどこまで維持できるか?

だけ。

しかし、それもやがて難しくなるでしょう。
でも悲観することはない。
その時は旅の方を変えればいいだけですから。

そんなわけで、
ハードな道中がお約束の中米、南米やアフリカのサハラ砂漠以南は、
この先、5〜6年以内に回っておきたいと考えています。

で、この星をさんざん旅して、
いい爺さんになるまで生きていられたら、
どこかのビーチのデッキチェアでのんびり海を眺める・・・

なんてのもいいかな?

そこをゴールに今は頑張りたいと思います。

えーじ
posted by ととら at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記