2020年04月07日

僕の関白宣言

世の中いろんな『宣言』がありますけど、
わが家の場合、今回の退院のタイミングで僕がしたのは、
関白宣言です。

いや、僕は元来リベラリストですので、
男たるもの、女たるものかくあるべし!
なる封建的なイデオロギーは持っていません。

ですから20年以上にわたり、
わが家では『やれる人がやれることをやればいい』が、
暗黙のルールになっているのですよ。

たとえば収入。

ある時はともこの収入で家計の8割以上をまかない、
その逆の時期もあり、
また、ととら亭以降の僕らと出会った方には、
想像できないかもしれませんが、
僕が食事を担当していた時期ですらあるんですよ。

これは仕事のパートナーとなった今でも同じで、
調理とホールという大まかな役割分担こそありますけど、
『これをやるのはあんたの役目』のような職掌的線引きはなく、
相手が迷惑でなければ、
自分が空いた時に遅れた仕事を手伝う。
結果的にその方が早く全体が進みますからね。

ところが!

今回の手術が終わってからというもの、
松葉杖状態の僕は移動が制限されているだけではなく、
手に物を持てないというハンディキャップまであります。

となると、食事をするにも
「いただきま〜す」&「ごちそうさま〜」の『上げ善据え膳』状態ですし、
デスクワークをしている時は、
「ともこ〜、パソコンのACアダプター取ってくれる?」
「あ、それから引き出しの資料もお願いね。
 いやいや、それじゃなくて、その下の赤いバインダーの方」
「喉が渇いちゃったな。お茶淹れてくれる?」

挙句の果てに、

「ともこ〜、靴下履かせて〜」
(足を伸ばしたままなんで手が届かないんですよ)
とか、シャワールームから、
「お〜い、タオル取って〜」
(中から手が届く範囲に置き場がないんですよ)

こうしてとにかく座っているだけという、
明治男も顔負けの関白オヤジとなったのでありました。

しかし、
資本主義の国では基本的に『無料(タダ)』ということはありません。

にっこり笑っておカネをもらった後で、
『なんちゃら復興税』とかいう名目の『請求書』が来たりするのは、
まぁ、よくあることでございます。

で、わが家の場合は・・・

「うふふふふ・・・」

こうした不気味な笑い声が後ろから・・・

えーじ
posted by ととら at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記