2020年04月14日

ととらな軟禁生活の過ごし方

新型コロナ怖い・・・

営業自粛で収入が止まった・・・

そんな中で満足に歩くことすら出来ない・・・

お先真っ暗だ! うわぁ〜ん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とはなってません。
ぜんぜん。

世の中、純粋に100パーセント悪いことも、その逆もない。
ものごとの良し悪しは、判断する本人の個人的な視点が決めている。

なんてことをものの本で読んだ記憶がありますけど、
今回、自分に当てはめてみた限り、これは真実だと思います。

そう、世の中、悪いことばかりじゃない!

僕らが休業前に行った経営会議は、まさにそんな雰囲気でした。

確かに、新型コロナウイルスの罹患リスクは洒落にならないし、
もし僕かともこのどちらかが感染しただけでも、
両方揃ってクリティカルな状態になるのは明らかです。
(僕はまだこの通り行動制限がありますし・・・)

また、収入停止は宇宙船の中の酸素供給装置が壊れたようなもので、
ととら亭の命の砂時計は、僕たちの目の前でさらさら落ちて行く。

しかし、終日ふり続いた雨の後の晴天のように、
この状況だって悪いことばかりじゃない。
それは・・・

時間ができたじゃないですか!

思えば僕らふたりが、2日以上そろってのんびりしているなんて、
ここ10年で1回たりともありませんでしたからね。
ですから今朝もゆっくりアパートでコーヒーを飲みながら、

「こんなの会社員をやっていたとき以来だね」

なんて話していたのです。
(だからお勧めしないのです。独立なんて・・・)

話を戻しましょう。

先の経営会議で上がった議題の一つは、
休業期間中の過ごし方。

こういう時はまず、新しいリズムを作ることが肝要です。

最初に僕らはお互いの行動を合わせなくてはならない、
食事の時間を決めました。
それをもとに僕が決めたパーソナルなタイムテーブルは・・・

8:00 起床
8:15 メディテーション
9:15 軽く朝食(これは個別にいただきます)
9:30 情報収集&メールチェック
10:00 読書(2時間も! 嬉しい!)
12:00 リハビリ&トレーニング
12:45 出勤(松葉杖を使いながら約8分30秒)
13:00 ととら亭でランチ
14:00 お仕事(溜まりに溜まった仕事に取り掛かっています)
18:00 アパートへ戻ってまたリハビリ&トレーニング
19:00 シャワー(あ、今日から風呂に入れるんだった!)
20:00 ディナー
21:00 自由時間(ブログを書いたり、また読書したり)
24:00 就寝(おお、8時間も寝ちゃう!)

いかがでしょう?
皆さんからすれば退屈に見えるかもしれませんが、
僕にしてみれば、ある意味で理想的な『軟禁生活』なんですよ。

そうだ、来月、歩けるようになったら、
夕方は外で散歩もできるな。
(ジョギングはまだその1カ月半先・・・かな?)

こうしていると、自分にとって最も大切なリソースとは、
おカネよりも時間なんだな、としみじみ思えてきます。

発想を変えましょう。

皆さんはせっかく手に入ったこの時間、
何をして過ごします?

えーじ
posted by ととら at 09:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記