2020年05月22日

Don't ask me!

今回は、いきなり究極の真理から行きます。

自分が誰であるかを証明する時、
最も『役に立たない』ものとは何か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは自分自身。

え? そんなのおかしい?

では、たとえばお巡りさんに職務質問を受けたとしましょう。
まず言われるのは、

「身分証明書を出してください」

ですよね?

僕ら旅人もなにかといえば、

「Passport,please」

でしょ?

よくよく考えてみると、これは変だと思いません?

本人が目の前にいるのに、
本人が誰であるか証明するのは、
本人の体の外にある、免許証やパスポートだなんて。

さて、
この哲学的な問題を掘り下げるのは字数の関係で今後に譲るとして、
今回も話題はマイナンバーです。

前回お話しましたように、
僕は区が窓口の特別定額給付金のほか、
都の感染拡大防止協力金や、
国の持続化給付金をすべからくウェブ経由で申請しましたが、
(生き残りに必死なのですよ)
訊かれる内容は税務関係のことばかり。

だったらね、国税庁に訊く方が、
お互いの手間も時間もかからないんじゃないかしらん?

そう思いません?

であれば、僕が申請するのは、
マイナンバーと直近の帳簿のコピーだけでOK!
だって確定申告する時にマイナンバーも書いているのですから。

ところが現実は、皆さんもご存知のとおり。

先の究極の真理に照らせば、
国も都も区も僕が自分自身のことを言ったって信用しません。
だから第3者である国税庁の保証が求められる。

こんな時こそ、各省庁のデータベースを連結する、
スーパープライマリキーのマイナンバーの出番だ!

・・・?

じゃないの?

ん〜・・・結果からすると、マイナンバーシステムは、
莫大な予算と時間をかけ、導入から2年以上を経てもなお、
当初の最も重要な目的すら達成していない。

のね。

つまり使われていない、いや、使えない!
と言った方がいいのかしらん?

僕は申請作業中、ため息をつきながら、
IT稼業時代を思い出しました。

どんなに優れたシステムでも、
人間が使いこなせなければ、高価なジャンクでしかない。

だから僕は、
マイナンバーを記入して提出した情報について、
お役所から質問を受ける度に、こう言い続けようと思ったのですよ。

Don't ask me!

えーじ
posted by ととら at 01:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記