2020年05月30日

夢みる僕ら

と題して始めたものの、
少女漫画よろしく、
瞳にキラキラ星が輝くお話ではございません。

将来の展望やメタファーではなく、
僕らは最近、ほんとうに夢をよくみているのですよ。

これは実に久し振りのことです。

それというのも、この10年余、
ふたりともずっと慢性疲労+慢性寝不足が続いておりました。
(日本人じゃの〜・・・)
こういう状態だと、睡眠は眠るというより気絶なんですよ。
布団に入って目を閉じた途端、意識が飛んでしまいますから。

そして目覚ましCDの音楽で起きればそこは翌日の朝。
それまでの間はまったく記憶がないので、
夢もへったくれもあったもんじゃございません。

ところが今回のコロナ自粛。
お店が強制終了状態となってしまいましたから、
7時間以上眠れる日々が帰ってきたではないですか!
(僕はそれに先立つ1週間の入院もありましたし)
しかも風呂に入ってさっぱりしてから、
時計を見ずにゆっくり楽しむ食事つき。

そうなりゃもう、朝は目覚ましCDなんかに頼らずとも、
自然に目が覚め、疲れも残らず気分は爽快。
これぞあるべきヒューマンライフ!

となると、眠りも浅くなるのか、
ふたりともよく夢を見るようになりました。

さて、この健康的な生活の変化、
実は僕らに限った話ではありません。

久し振りに営業を再開して会った商店街の仲間たち、
おしなべて懐事情は深刻であるにもかかわらず、
みな元気いっぱいなんですよ。
それも人によっては別人と思えるくらいに。

みんな日常は無理していたんですね。
これを機に、個人事業主も働き方改革ができるかな?

え? かくいうととら亭はどうなんだ?

ん〜・・・ディナー営業再開4日目にして、
また元に戻って来てしまったような・・・

いかんいかん。
夢のある生活は大切にしなくちゃ!

えーじ
posted by ととら at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記