2022年10月10日

僕のお気に入りキャラクター

あれは野方時代のある静かなディナータイムで。
カウンターに座った女性たちがこんな話をしていました。

「ほんと、ぬいぐるみってカワイイよね〜!」
「特に自分のお気に入りだと、
 いろんなところに連れて行きたくなっちゃう」

そこから話題はキャラクターにおよび、

「子供の頃なんてさ、
 キティちゃんグッズはマストアイテムだったし」
「あたしはキキとララ!」
「あれ〜? こういう話だとえーじさんは静かね」
「さすがに興味ないでしょ?」

ここで僕はワイングラスを拭く手を止め、

「いや、そんなことはないよ」
「え〜っ! ぬいぐるみ持ってるんですか?」
「まさか! 持ってないけどさ、
 お気に入りのキャラクターはあるんだ」
「なになにそれ?」
「といっても君たちは知ってるかな?」
「昭和の時代の?」
「おいおいG.I.ジョーじゃないぜ。
 今でも普通に見られるものでね。
 だけど日本じゃ一般的ではないかも」
 
「じゃ、外国のキャラクター?」
「そう」
「なんだろ? ディズニー関係?」
「違うよ。知ったのは機内食でさ」
「機内食?」
「ああ、機内食でたまに、
 小さなチーズやバターが付いているだろう?」
「うん」
「そこに描かれていたキャラクター。
 それがお気に入りなんだ」
「え〜、何それ? どんなの?」
「笑ってる赤いウシ」
「はぁ? 名前は?」
「知らない」

ここで彼女たちは気合を入れて画像検索を始め、

「キーワードはなんだろ?」
「笑うウシだから・・・laughing・・・cow?」

「え? な、なにこれ〜!」

laughie.jpg

「おお! そいつだ!」
「あたしも見覚えがある。
 外国のスーパーマーケットのチーズ売り場で見たかも」
「こ・・・こんなのがお気に入りなんですか?」
「うん」

ま、確かにこのキャラじゃ乙女心をくすぐることはないでしょうな。
でも、もしこいつのぬいぐるみが売っていたら、
僕は買ってしまうかもしれません。

なぜか?

この吉田戦車さんですら思いつかないセンス。
能天気でとぼけた笑顔。
こんな顔を見ていると目の前の問題や悩みが、
どれもくだらなくなってくると思いません?

ちなみに僕はこいつをLaughie(ラフィー)と呼んでいます。

えーじ

P.S.
このチーズ、今日のディナー用に買ってもらいました。
これで心身ともに3連休の疲れが癒されることでしょう。
posted by ととら at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記