2014年09月22日

山あり谷あり

先週末のディナータイムは少々混雑しまして。

そりゃ、繁盛して良かったじゃないですか?

と思われるかもしれませんが、
にっこり出来ない理由が二つあります。

一番目は、
入れないお客さまを、お断りしなければならないこと。

折角来てくれたのに、
「ああ!すみません!ただいま満席でして・・・」
とお伝えするだけでも言い辛いのに、
「今日は家族を連れてきました!」
とか、
「妻も一緒です!」
などと先に言われてしまうと、
一瞬言葉が詰まってしまいます。

稽古帰りに寄ってくれたSさんとAさん、
いつも仲のいいIさんご夫婦、
それから、骨折した奥様に料理をテイクアウトしようとご来店された、
優しいYさん、
ほんとにすみませんでした。
またのご来店をお待ちしております。

週末や祭日の18:00〜20:00は混み合うことがありますので、
電話でご予約頂けると僕たちも助かります。

そして二つ目。

タイトルの山あり谷ありとは人生浮沈の謂いですが、
ととら亭の営業も同じ。

週末しかときわ通りにいらっしゃらない方は、
ととら亭の前を通る度に、
「うわぁ〜、いつも満席だな、大繁盛店じゃないか!」
と思われるかもしれません。

しかしですね、
ウィークデーの、それも月曜日や木曜日の夜しか通らない方は、
「ん?ととら亭か。いつ見てもお客さんがいないのに、
 よくやってるな。」
と思われるに違いありません。

そう、野方という商店街は住宅地型なので、
繁忙日と閑散日が極端に入れ替わるのですよ。

例えば、
先週の金曜日のディナーは、ほぼ満席になりましたが、
その前々日の水曜日なんて、カウンターのお客さまと、
「ん〜・・・やっぱり人生はねぇ〜・・・」
などと語り合える夜でした。

繁忙閑散の周期こそ違っても、
野方の飲食店は多かれ少なかれ、こうした傾向にあるようです。

今夜はどうでしょうね?

えーじ
posted by ととら at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103846029

この記事へのトラックバック