2016年02月12日

第11回取材旅行 その4

昨日朝7時。
辺りがようやく明るくなり、
僕らは黄色い車体の政府系タクシーの駐車場へ。

「タクシーですか?」

落ち着いた50歳前後の男性が話しかけてきました。

「ええ。」

僕は宿の地図を広げ、

「ピアッサのタイトゥホテルです。分かりますか?」
「OK。」
「幾らです?」
「250。」

ん? 聞いていた相場より大分安いじゃないか。

「ブル?」
「もちろん。」
「二人で?」
「はい。」

渋滞するチャーチルロードを北へ、最後は急な坂を上り、
空港から約25分でホテルに到着。
レセプションは回転ドアのエントランス内ではなく、
建物の左側面を回り込んだ場所にありました。

「おはようございます。予約していたものですが。」

事務所のような雑然とした室内のカウンターにいたのは、
20歳くらいの小柄な女性。

「ここ名前はありますか?」

彼女が見せた名簿の日付は2月11日のもの。
僕たちは本来早朝3時にチェックインする予定だったので、
10日の名簿に載っている筈です。

「僕は10日に予約しています。昨日の名簿はありますか?」

彼女はカウンターの裏を探していますが出てきません。

「ああ、いいですよ。
 今日の早朝チェックインする予定で昨日の分から予約し、
 今朝のピックアップサービスをお願いしていたのですが、
 残念ながらドライバーが空港に現れませんでした。」
「・・・そうですか。」
「それで空港で一晩明かしたのです。」
「それはお気の毒に。おかしいですね、
 ドライバーは行った筈なのですが、あなたと会えなかったのでしょう。」

いいや、そうじゃないと思うよ。

「まぁ、いいでしょう。僕たちはすぐチェックインできますか?」
「部屋がいっぱいで掃除をしてからになりますので、
 1時間半ほどお待ち頂けますか。」

部屋がいっぱい?
ということは、僕の予約も取り消されていたって訳だ。
はぁ・・・

「レストランはもうやっていますか?」
「ええ、朝食を召し上がれます。」
「では1時間半後に戻ります。」

「どうだった?」
「ま、僕の悪い予感は的中していたってことさ。」
「忘れられちゃったの?」
「多分、全部ね。それにレセプションの作りからして、
 24時間開いているようには見えないな。」
「だから電話にも出なかったのかしら。」
「うん、ま、いいさ。
 部屋は掃除をしたら入れるってさ。
 1時間半くらいって言うから、1階のレストランで朝食にしよう。」

このホテルは老舗のレストランも併設しています。
コロニアル調の広い客室でゆっくり朝食を楽しみ、

「ん、そろそろ時間だな。レセプションに行って来るよ。」

「部屋に入れますか?」
「はい。彼がご案内します。」

初老の男性が入り口に立っていました。
彼について行くとレストランの手前の階段を昇り、
手前の部屋のドアを開けてくれました。
1898年に作られた、歴史を持つ邸宅風のホテルは、
大分老朽化が目立つものの、さながら領主の館か小型の博物館のよう。

「ここは如何です?」

部屋は質素ながら悪くありません。
しかし、

「シャワーとトイレ付きの部屋がいいのです。」
「分かりました。」

そこで彼は一番奥の部屋に行き、ドアノブを回そうとすると、

「鍵が閉まっています。」

と言うなり階下へ足早に歩き始めました。

「僕はここで待っていましょうか?」
「別の部屋にご案内します。」

そこで僕たちは別館の方へ。

おじさん、僕はまだ高度適応していないんで、
早歩きはしたくないんだけどな。

彼は別館の入り口にいた男性から鍵を受け取り、
僕の方に来ました。

「行きましょう。」

はいはい。
ってまたさっきのところへ戻るの?

階段を昇るくらいなんてことはありませんが、
寝不足 + 空港で夜明かし + 高度未適応 = 調子が悪い
階段をゆっくり上っても脈拍が大分速くなりました。

おいおい、ここに戻るなら、僕は待っていればよかったんじゃん?

そしてようやく部屋のドアが開くと、
ベッドはくしゃくしゃ、サイドテーブルにはオレンジの皮の山、
おまけに床には誰かのトランクが!

「あの〜、この部屋は誰かが泊っていますよ。」
「いや、チェックアウトしました。」
「しかし、この荷物は?」
「問題ありません。」
「問題ない? では、いつ入れます?」
「30分後に。」

「どうだった?」
「報告しよう。部屋は素晴らしい。」
「よかった!」
「しかし、僕らのベッドはまだまだ先だ。」
「どうして?」
「これから掃除をする。」
「え? さっきまで1時間半かけてしていたんじゃないの?」
「結論はノー。怒っても仕方ない。
 取り敢えずレセプションで手続きをしてくるよ。」

くたくたの僕たちは再びレストランで待ちぼうけ。
そして30分後。
部屋を覗きに行くと掃除をしていた少女が出てくるところでした。

「入ってもいいですか?」
「ええ。」

「うぁ〜、疲れたっ!」

時刻は11時。
こうして僕らはようやくベッドに寝ころべた次第です。

予定より8時間遅れた、遥かなるベッドへの旅でございました。

えーじ
posted by ととら at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174000663

この記事へのトラックバック