2016年02月18日

第11回取材旅行 その9

日本の皆さま、こんにちは、そして今晩は。
僕たちは今、アフリカ大陸の南端にほど近い、
ケープタウンにいます。日本との時差は7時間。
そちらは間もなく23時ですが、ここは日差しも眩しい17時です。

昨夜の21時、アジスアベバの宿をチェックアウトした僕らは、
エチオピアで最初の夜を過ごしたボレ国際空港へ向かいました。
今度は2003年に完成したターミナル2だから安心・・・と思いきや、
宿の前に停まっていた個人タクシーと交渉して乗り込んだ途端、

ま、マズイ!

そう、後部座席には一面に合成毛皮が敷いてあったのです。

それがなぜマズイのか?
すぐに分かった人は貧乏アフリカ旅行の経験者。

エチオピアでこうした環境は、南京虫たちの大規模集合住宅なのですよ。

外は外灯が少ないし、車内もルームライトが壊れていたので、
(両方ともここではごく普通のことです。)
車内の危険に座るまで気付きませんでした。

うあ〜・・・

走り始めて5分もすると・・・

「ね、ねぇ・・お尻が痒くない?」
「いや、まだ大丈夫だけど・・・なるべく体をくっつけない方がいいよ。」

とはいってもねぇ・・・

アジスアベバ滞在中に僕は約50回くらい献血しましたが、
この短い移動でともこも脹脛やお尻を中心に、
20回ほど貢献したようです。

このタクシー、車体はカーチェイスを10回くらいやったような状態で、
坂を上り始めると、途端にエンジンが息切れし始め、
登り切る前に停まってしまいました。

おいおい・・・

「旦那、心配はいりません。ちょっと待ってて下さい。」

初老のドライバーはにっと笑うと、
エンジンプラグを手に振っています。

それ、ここで交換するの?

暗い道路脇でボンネットを開け、
彼は何か毒づきながらプラグの交換を始めました。
所要時間は約5分。

そしてキーを回すと・・・

キュル・・キュル・・・キュル・・キュルルルルル
ぶるるるんっ!

おお、かかったじゃん!空港へ急ごうぜ!

ボレ国際空港のターミナル2は1に比べると見るからに立派。
まぁ1は、殆ど地方のバスターミナルみたいでしたからね。
ところが入ってみると、きれいなことはきれいなのですが、
ロビーには両替はおろか、キオスクすらありません。
結局、チェックインしてイミグレを抜けたら、
ちょろっと飲食店や免税品店がありましたが、
時間をつぶすには3時間が限度かな?

ちなみにエチオピア料理の代表的なミックススパイスに、
バルバレというものがあり、僕たちもサンプルに買ったのですけど、
何故か手荷物には入れられません。

どうしてだろ?

そんな素朴な疑問をチェックインカウンターで訊いてみたら、

「ああ、確かに臭いのこともありますが、
 トウガラシが大量に含まれているため、武器としても使えるからです。」

な〜るほど。
そう言えば催涙ガスの主成分はカプサイシンだったっけ?
それにしてもスパイスが武器になるとは、ひとつ勉強になりました。

予定を30分遅れて離陸したエチオピア航空のボーイング737は、
一路、南アフリカのジョハネスブルグへ。
鈍行なんですよ、例によって。
そこまでのフライトタイムは約6時間。
ケープタウンまで行く僕たちを含んだ乗客は、そのまま機内に残り、
1時間弱でまた離陸。
ケープタウンに着いたのは予定通りの現地時間朝8時でした。

入国はあっさり。
出入国カード、税関申告書、ビザはなし。
イミグレでは黄熱病のイエローカードの提示も求められず、
訊かれたのは旅行目的と滞在日数だけ。
税関は完全スルー。

空港からは市内まではエアポートバスで30分ほど。
駅近くのシビックセンターで降りた後は、宿まで約1.5kmを歩きました。
何か、すんなり行き過ぎて拍子抜けした感じです。

とまれ、順調に移動できて肩の荷が降りました。
これから南アフリカ料理の取材の始まりです。

えーじ
posted by ととら at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174117706

この記事へのトラックバック