2016年04月30日

春の道にて

昨日の風は凄かったですね。
ととら亭のあるときわ通りでも、
枯葉やゴミなど色々なものが飛んできて、
みんな掃除に大わらわ。

しかし、そんな春の突風のお蔭か、
僕たちが家路についた24時半頃、
いつもの坂道を南に向かって下っていると、

「ん? あの明るい星は何だろう?」
「え? あれ、今夜は星がたくさん見えるね!
 昼間の風で空が澄んでいるかしら。」
「ついこの前までなら、
 今時分、南天に浮かんでいるのは冬の大三角だったけど、
 あれは・・・しし座だったかな?」
「いびつな三角形だね。真ん中の一番明るい星はちょっと赤くない?」
「うん。しし座なら右の一番明るい星がレグルスで、左は・・・
 デネボラだと思うけど、あんな赤い星はなかった筈だよ。」
「でも目立つよね?」
「ん〜・・・多分、惑星だと思う。色からして火星か木犀じゃないかな?」

4月も今日で終わり。
まだ東京では時々肌寒い日もありますが、
ふと気が付けば、夜空には春の星座が浮かんでいました。

そして朝、同じ坂道を上って来ると、
ツツジやベンジャミンを始め、様々な花が咲き乱れ、
虫たちがその間を飛び交っています。

おや? すっかり花が散ってしまった桜は、
若々しい青葉を元気よく茂らせているじゃないですか。

せかせかと変わる、ちっぽけなデジタル時計の数字ではなく、
宇宙の、自然の、大きな歯車が、また一つ回った、
そんなことを感じる、春の道でした。

えーじ
posted by ととら at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175104217

この記事へのトラックバック