2016年05月27日

第12回取材旅行の準備 その3

旅の楽しみは出発前から始まる、とはよく言いますが、
これは裏を返すと、
トラブルもまた、出発前からやって来る・・・
ことでもあります。

先日、航空券を購入した旅行代理店さんから電話が入り、

「成田、タシュケント間の往路が運休になりました。」

とな〜っ!?

「キルギスのビシュケクから飛ぶ復路は?」
「それは大丈夫です。」
「しかし行かなければ帰りの便にも乗れませんよね。
 プランBはありますか?」
「そこなのですが、大韓航空に振り返る案は如何でしょう?」
「ルートはどうなります?」
「成田から韓国の仁川国際空港に飛び、
 そこでトランジットして同じく大韓航空でタシュケントに行きます。」
「時間は?」
「申し訳ありませんが、ちょっと早くなりますね。
 成田発が9時25分です。」
「ということはチェックインが7時25分。
 新宿から成田エクスプレスで行くつもりですけど、
 そんなに早い便はありますでしょうか?」
「ちょっと待って下さい。
 ・・・・・・・・・・・
 ああ、ギリギリであります。始発であれば7時着ですよ。」
「となると新宿発は?」
「5時55分です。」

ん〜・・・だったら西武新宿線も動いているな。
前の晩は通常通りディナー営業をやるから、
例によって仮眠でGo!・・か。

「OK、なんとかなりそうです。
 で、タシュケント到着時刻は?」
「19時20分です。」

ウズベキスタンは元社会主義国家。
ってことは、入国手続きがすんなり行くとは考えられないから、
空港を出られるのは21時くらい・・・か。
ま、これまたセキュリティ上ギリギリだけど仕方ない。

「ではそれで行きましょう。」
「ありがとうございます。
 これから振り替え便の了解をウズベキスタン航空に取り付けますので、
 今しばらくお待ち下さい。」

こうして待つこと4日。
今度はメールが入り、催促しているにもかかわらず、
未だウズベキスタン航空さんからは回答がないとのこと。
そして更に、

「成田、仁川間の大韓航空機が満席で、
 現在キャンセル待ちになっています。」
「その代替案は?」
「アシアナ航空を押さえました。」

むぁ〜・・・
プランCはアシアナ航空、大韓航空を乗り継いでタシュケントに行き、
翌朝ウズベキスタン航空のローカル便でサマルカンドか。
なんとも忙しい旅になりそうだな。

と溜息が出ましたが、幸い、最終的に大韓航空でキャンセルが出た為、
一つ前のプランBで行けることになりました。

この運休騒ぎ、実は僕の旅人人生でも初です。
出発前からミョ〜な胸騒ぎが。
だってね、Wikiでウズベキスタンの記事を読んでいたら、
ウズベキスタン航空に関する記述があり、そこに・・・

運休も多く、スケジュール通りに動くか当日にならないと判明しない事もあり、
また、マイレージも独自のフライトのみでしか加算できないため、
マニアックな人好みの航空会社となっている。


とほほほ・・・Have a mercy on us!

えーじ

P.S.
フレックスインターナショナルのSさん。
いろいろお世話になりました。
posted by ととら at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175452333

この記事へのトラックバック