2016年05月28日

Farewell to Arms

昨夜、帰宅して読んだ、オバマ大統領の演説文。

「現職のアメリカ大統領」という背景が、
大きくクローズアップされているようですが、
文面だけに注目すると、僕には、人類の一人が、
その他の人類全体に向けて語った言葉のように思えました。

そう、彼の言う通り、
核兵器はおろか、銃や大砲すらなかった時代から、
僕たちは殺し合って来たのですよね。
そしてそれは一瞬たりとも途切れることなく、
常に世界の何処かで行われ、
僕たちの歴史の影となっています。

あまりにマクロな話になると焦点がぼやけてしまいますから、
オバマ大統領は「核兵器を捨てる勇気」という表現を使っていましたが、
文脈からは、「核兵器」だけではなく、
捨てるべきは、「通常兵器」であり、「軍隊」でもあり、
究極的には解決手段としての「暴力」そのものなのではないか、
僕には彼がそう言っているように思えてなりません。
(オバマさんはアメリカの銃規制についても腐心していますからね)

その観点に立つと、
やはりこの演説は、政治家や軍人だけではなく、
僕たち一人一人に向けられたものとしか解釈し得ないのですよ。

だって、どんなに大きな戦いでも、
最初は、僕たち個々人の心の中から始まるのですから。

平和。

その道のりは彼の言葉通り、
「自分が生きている間」に終わるものではないでしょう。
しかし、僕たちが目指すべき方向はそれしかないのだ、
それを最も強く訴え続けている場所の一つが、
このヒロシマに他ならないと、僕は彼の言葉を読みました。

Farewell to Arms.

えーじ
posted by ととら at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175471152

この記事へのトラックバック