2016年11月26日

第4回研修旅行の準備 その2

僕が海外旅行に出始めた頃に比べ、
各国の旅行産業は大きく変わったと思います。
今回の渡航地、香港とマカオもそう。
初めて訪れたのは香港が返還前の1994年のこと。
まだ空港も着陸難易度が飛び抜けて高かった啓徳空港でした。

香港に行くならパックツアーに参加するのが基本の時代。
レートがイマイチの両替屋はまだしも、
買い物に興味のない人には免税店巡りは興醒めだと思いますが、
その分、安いコストでいいグレードのホテルに泊れたりしました。

ところが自由度を優先して個人旅行をするとなると、
航空券はまだしも、ホテル代がとにかく高い!
ロンドンやニューヨークほどとは言いませんが、
バンコクやカルカッタ、カトマンドゥなど、
バックパッカーが集う都市の相場で比較するならやっぱり腰が引けたものです。
勿論ローカル相手の入り組んだ雑居ビルにある旅社なら安く上げられますが、
火災などで脱出することを考えれば、選択肢に入れるのは難しいでしょう。

そこで今回もその折衷案で、スケルトンツアーに参加しようかしらん?
と思いました。

しかし、お世話になっている旅行代理店さんの回答は、
「取扱いがございません」

仕方ない。
じゃ、ある程度のコストアップは目をつぶるとして、
いつものように自分でブッキングするか・・・

で、驚いたのは、booking.com のようなホテル予約サイトを見ると、
立地のいい手頃なホテルがマカオ、香港共に結構あるじゃないですか!
へぇ〜・・・変わったもんだな。

2カ月くらい早めに押さえれば、
マカオでならセナド広場まで400メートルの場所にある、
バストイレ付きのダブルルームが1泊約6,000円、
香港はマカオ行きフェリーターミナルにほど近い、
上環の同グレードのホテルで約1泊約7,700円。
この程度なら僕らの乏しい懐事情でも予算内です。

香港を訪れるのは何と12年振り。
旅行産業だけではなく、街はどんな風に変わったでしょうね?
以前は何かと胡散臭い場所がありましたが、
バンコクなどの変わりようを思うと、
「健全」になったんじゃないかな?

はてさて。

えーじ
posted by ととら at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177818521

この記事へのトラックバック