2017年01月13日

ととらな本 その1

気が付けば、このすちゃらかブログも今回で1011本!
ともこが書いたのは10本くらいですから、
僕だけでも1000本超え!
ん〜・・・駄文とはいえ書きも書いたり6年10ヶ月。

以前お話しましたように、
企画当初は分かり難い『旅の食堂』を説明するのが趣旨でした。
ところがそんなネタは半年も経たずに底を尽き、
そこからは先は読者の皆さまご存じの通り。

で、労働時間400時間/月のブラックレストランで働く僕が、
どんな風に月10本以上のブログを書いているのかと申しますと、
執筆行程の90%前後は『ながら書き』。
よくやるパターンは朝の掃除をしながらネタを考えて、
アイドルタイムに、
IT稼業で培った高速タイピングでちゃちゃっと書いているのです。
(ヒマな店だね)

一応、オフィシャルなものですから校正はしますよ。
でもアップロードする直前に1回だけ。
推敲は・・・あまりしません。
ととら亭での会話のように、『ライブ感を大切にしている』のです。
と言うと聞こえがいいかもしれませんが、
それ故に僕の話癖の「熱いホットコーヒー」みたいな二重形容や、
まわりくどい言い回しがそのまま出てしまっています。

しかし! 本は違います。

同じ仕事でも出版社さんとのコラボレーション。
予算も先方持ち、とあらば、大先生ではない僕が勝手な駄文を書き散らしてOK!
とはなるはずがありません。

何度も読み返して推敲しましたし、校正も、ともこと個別のクロスチェック。
さらにその後で怖い赤ペン先生の、
もとい、やさしい編集長の、

「えーじさん、ここ、会話文が長すぎ!」
「表現に統一感がありませんね!」
「この文の読点はこっちへ!」

と、ご指導もビシバシ賜り、かなりまっとうな文章になっています。
(当人比)

そんな怒涛の執筆も昨年10月中にほぼ終わり、
先月は最終校正も終わって後は来週のデザイン校正を残すのみ。

どんな見栄えになっているんだろ?
我がことながら、とても楽しみです。

えーじ
posted by ととら at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178388869

この記事へのトラックバック