2018年03月08日

Let's 決算2017 後編

ほぇ〜〜〜・・・

やっとこさ終わりました、今年の決算。
さっき e-tax で所得税と消費税の申告書を送り、
ウェブでともこの確定申告も終了。

毎度のことながらひたすら地味な作業なんですけど、
ボリュームはスーパーサイズでした。

今年度はレシート入力をともこが殆どやってくれたので、
けっこう楽が出来るかな? と思いきや、
マイナンバーカードの取得や電子証明書の再登録など、
ちまちま増えた要素があり、
取材旅行の時期が前倒しになったことも加わって、
ドタバタさ加減は例年通りだったかな?

これまた恒例のスリルとサスペンスは、
さ〜、これで決算書の出力だ!
ってとこまで詰めたら弥生ちゃんが「深刻なエラーが発生しました」。

・・・ん?

どわぁ〜、ファイルがぶっ壊れて開けないじゃ〜んっっっ!

と100時間以上の労働が水泡に帰した怒りで、
一瞬、PCを外に投げ出しそうになりましたが、
バックアップからの復活方法を思い出してリトライ。

たぶんUSBメモリなどの外部記憶装置にデータファイルを置くことを、
弥生ちゃんはサポートしてないんでしょうね。
でもバックアップと同じローカルに保存していてディスクがクラッシュしたら、
それこそ一網打尽でお手上げじゃん?

幸い、すっ飛んだのは1時間ほどの作業量だったので、
リカバーは楽でした。

破損のタイミングも分かったんですよ。
弥生ちゃんを起動したままOSがレジュームに入ると、
USBメモリ上のデータファイルは修復不能なレベルで壊れるんですね。
次は気を付けよう。

もうひとつハラハラさせられたのは、
e-taxを使っている時のパスワード間違えによるロックアウト。

電子証明書の更新も含めると、
今回は至る所でさまざまな種類のパスワード入力が求められ、
そのうちのいくつかは5回以上間違えるとロックアウトされちゃんですよ。
で、それを解除するには、
この忙しい時に区役所まで出向かにゃならんとは!

ところがこのシステム、
紛らわしい名前のパスワードがごまんとありまして。
マイナンバーカードだけでも、

署名用電子証明書暗証番号
 → e-taxなど各種電子申請用

利用者証明用電子証明書暗証番号
 → コンビニでの証明書交付やマイナポータルの利用に使用

住民基本台帳用暗証番号
 → 住所等のデータ更新に使用

券面時効入力補助用暗証番号
 → ICチップ内の住所等の確認に使用

この他に e-tax では利用者識別番号とそれに紐づくパスワードまである。
しかも、全体としてパスワードの呼称が統一されていません。
これは1年に1回しかこのシステムを使わない僕にとって、
分かり難いことこの上なし!

ん? これはどのパスワードを入力するんだろ?
これかな?
あれれ? 違う!
じゃこれは? げっ! これも違うの?

という具合にロックアウト寸前まで何度か行きました。

堅苦しい戒名みたいな名前ではなく、
『いちごパスワード』とか『チキンパスワード』みたいな覚えやすいもので、
システム全体を統一してくれるとありがたいんだけどな・・・国税庁さん。

来年のこの作業がもうちょっと楽になりますように。

えーじ
posted by ととら at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182620552

この記事へのトラックバック