2018年03月29日

小さなお花見

今年の東京地方は桜の当たり年ですね。
雨も降らず、風も吹かず、
満開の花がいい状態を保っています。

となればお花見!

と行きたいところですが、
悲しいかな毎年この時期は春のメニュー変えで
そんな時間がなかなか取れません。

しかし通勤の途中に横目で見るだけではもったいない。
そこで昨夜はちょっと遠回りして、
野方5丁目に散在する桜を見ながら帰りました。

一番近いのはふれあい広場にある一本。

ohanami2018.jpg

ここでしばし夜空を背景に浮かび上がる満開の桜花を見上げ、
そこから南に坂を下って妙正寺川へ。

暗いので写真は撮れませんでしたが、
中野区第4中学校脇の橋から見た川面に枝垂れる桜は、
なんとも言えない美しさがあります。

僕のお気に入りはもう一本。
某銀行の社宅の中庭に立っているよく手入れされた端正な桜。
どういうわけか、
この近辺では毎年この桜が一番最初に咲くのですよ。

ところが昨今の不況の影響か、
今ではこの社宅に住んでいる人は誰も居なくなってしまったようです。

売却されてしまうのかな?
そうしたら、あの桜はどうなるんだろう?

数年前も近所の幼稚園が閉園した際、
庭に立っていた立派な桜が切り倒されてしまいました。

こういうのは外野のセンチメンタリズムでしかないのでしょうけど、
やっぱりショックでしたね。

来年の春もまた花を咲かせた君に会えますように。

えーじ
posted by ととら at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182836557

この記事へのトラックバック