2018年04月02日

日本人の知らない日本の姿

春といえば新しいことに挑戦する季節。
オジサンの僕にもそんな機会がやってまいりました。

先日、JAPAN NOW観光情報協会さんから、
観光立国セミナーにおける講演のオファーを頂きまして。

旅の食堂 → 旅行 → 観光という文脈から来た話なのかな?
と思って内容のご希望を伺えば、
「セミナーのタイトルにこだわらず自由に話して下さい」
とのご指示です。

自由に?
お店で喋っているような、すちゃらか調でいい・・・

わけないか。

そこで以前の講師の方々を調べてみれば、
各業界のお歴々が名を連ね、
すご〜く真面目な話をしているじゃないですか!
(当たり前ですけど)

どうしよう?

よ〜し、それじゃ・・・

ギョーザの話!

ダメだ。浮き過ぎ。料理がテーマじゃないし。

なら、飲食店で独立するには!

おいおい、起業家セミナーじゃないぜ。

ん〜・・・

セミナーのテーマである「観光立国」ということはインバウンド。
となれば、
外から旅行者を呼ぶために僕が役立てることとは?

日本に生まれて日本に住んでいる人には見えにくい、
この国の外に向けている姿を話す・・・というのはどうだろう?

たとえば一部の国の人々にとって、
日本がいかに入り難い国であるかとか、
海外旅行に必要なのは、
おカネとパスポートだけではないということなど、
観光産業に従事している人でも意外と知らないような事情をシェアするのは、
意味のあることなのではないか?

そこで考えてみました。

外国という鏡に映った日本

67の国と地域をさまよい、
バックパッカーならではの目線で見えた、
等身大の日本像をお話します。

日 時: 4月13日(金) 12:00〜14:00
場 所: 東京都千代田区麹町4-5
     海事センタービル2階 会議室

お申し込みはこちらから
 → JAPAN NOW観光情報協会

えーじ
posted by ととら at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182872367

この記事へのトラックバック