2018年04月30日

旅人を迎えて思うこと

ゴールデンウィークの前半が終わろうとしています。
今年は前半をホームでのんびり。
それから4連休の後半をアウェイで過ごそうという方が多いようですね。

この時期、ととら亭のある野方は住宅地型の商店街なので、
物販店はひっそりしています。
天気がいいと皆さん日中は出かけてしまいますからね。
反対に飲食店はぼちぼち忙しい。
休暇の時くらいはちょっと外食を楽しもう!
という気分の方が多いのでしょうか?

また新年度が始まって間もないこの時期、
普段より増えるのが入学や就職で上京した子供と、
彼、彼女を訪ねて来た親御さんのご家族連れ。

出身地を聞くのも楽しいですよ。
僕はライダー時代に国内をいろいろ走り回っていたので、
懐かしい場所を思い出すことが多々あります。

先日も長崎から来たという20歳代前半の女性がひとり。
かの地は長崎市内だけではなく、
佐世保や平戸などで投宿したことがありましたし、
雲仙の温泉でひとっ風呂浴び、
フェリーで天草に渡って、
夕陽の美しいサンセットラインを南下したこともありました。

今でこそきっちり予定を組んだ旅が主になってしまいましたが、
そんな風まかせの旅が僕の原点なんですよね。

僕の愛車は実家で深い眠りについたまま。

いつかまたブーツを履いて革ジャンを羽織り、
鉄の馬に跨って旅をする日が来るかな?

不良中年ってのも悪くないと思うんですよ。

うん。

えーじ
posted by ととら at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183117926

この記事へのトラックバック