2018年05月20日

ありふれた日常に

今朝、ぼ〜っとしながらお店に向かって歩いていた時、
40歳代前半と思しき女性とすれ違いました。

彼女の手にはマックの紙袋。
大きさからして2〜3人分くらいかな?

朝日に目を細めた表情は、どこか微笑んでいるみたい。
足早な様子からは、
彼女を待っている人のために「早く帰らなくちゃ!」、
という気持ちが伝わって来るようです。

誰と一緒に食べるのでしょうね?

友だちと? 恋人と? それとも家族と?

大切な誰かと一緒に食べる日曜日のちょっと遅い朝食。

それは何でもいいのですよ。

おいしいね?
うん!

そうして過ごすありふれた日常が、
実は幸せの原点なのだから。

僕は旅人ですが、
幸せを探して旅をしているのではありません。

それは地球の裏側に行かなくても、
本当は、すぐ手の届くところにあるのですよ。

ただ、僕たちはそれに気付いていないだけ。

え? 
ああ、さっきの彼女は、
きっと知っているんじゃないかな?

えーじ
posted by ととら at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183276721

この記事へのトラックバック