2018年06月04日

第16回取材旅行の準備 その2

『その1』では今回の渡航国をお話しましたので、
今日はルートを詳しく見て行きましょうか。

コストの問題で、
残念ながらフィンエアーさんのヘルシンキ直行便を諦めた僕らは、
カタールのドーハ経由でノルウェーのオスロへ向かうことにしました。
そこから車窓を流れる景観の美しさで知られるベルゲン鉄道に乗り、
西部のフィヨルドのゲートウェイ、ベルゲンを目指します。

今回、少し早めの3月上旬にブッキングを始めた理由はこれ。
ベルゲンからアクセスする欧州最大のソグネフィヨルドは、
北欧きっての観光地のひとつ。
特にピークの初夏は大変混雑する上に宿泊施設はそれほど多くありません。
一般的に宿は安いところから埋まってしまいますから、
予算の乏しい僕らがのんびりしているわけにはいかなかったのです。
ま、本来の目的は北海に面した魚市場のシーフードなんですけどね。
(おいしそうだ〜!)

さて、ベルゲンからは船でソグネフィヨルドへ行き、
奥端の小さな街フロムで下船。
そこからはまた鉄道でミュールダールを経由してオスロに戻ります。

宿だけではなく、
こうした交通手段も事前にブッキングできるところが
やっぱりヨーロッパですね。
1月の取材旅行で行ったアフリカ南部とは大きな違いです。
あの辺を陸路で国境越えをするとなると、
すべからく出たとこ勝負になりますから。

ともあれ交通手段を確保したのはここまで。
オスロから先は例によってフレキシブルに行きますよ。

プランAでは、
まず鉄道で国境を越えてスウェーデン西部の商業都市ヨーテンボリへ。
そこで1泊したのち、再び鉄道でストックホルムまで北上し、
スウェーデン料理の取材を進めます。

一般的にドイツと並んで『美味しいものがない!』と不評の北欧料理。
しかし調べてみるといろいろあるのですよ。
ここはひとつ旅人の勘でドイツ料理特集の時と同じく、
美味しい料理を探し出したいですね。

次はフェリーで海上の国境を越えてフィンランド領のオーランド諸島に上陸。
ここのマリエハウンで1泊したのちまたフェリーで対岸のトゥルクに渡り、
最後は鉄道でヘルシンキを目指します。

よくあるツアーコースと違ってかなり蛇行したルートですが、
取材地が首都だけだと料理の内容に偏りが生じる可能性があるため、
なるべく地方都市を絡める必要があるのです。

交通手段は場合によって鉄道からバスに変えるかもしれません。
混雑するルートはオスロ、ベルゲン間を除いて外しているものの、
いずれも現地の状況次第ですね。

6月下旬と言えば白夜の季節。
夏至の祭りが行われる6月22日は予定通りだと、
ベルゲンからフロムを経由してオスロへ戻る日です。
22時半頃まで明るいし治安も良いので行動時間の幅が広く取れます。
ちょっと得した気分ですね。

え? 今回はすんなり行きそうでつまらない?

いや、そうでもないのですよ。
実はビミョーな不確定要素がふたつありまして。

それがどうなるかは現地から道々お話しますね。

えーじ
posted by ととら at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183418860

この記事へのトラックバック