2018年06月19日

第16回取材旅行 その1


日本の皆さまおはようございます! そしてこんにちは!
僕らは昨日、予定通り現地時間13時20分にノルウェーのオスロに到着しました。
日本との時差が7時間ありますので、こっちはまだ朝の10時なんですよ。

天候は曇り。気温は東京の4月上旬というところでしょうか。
気持ちいいですけど風が吹くと肌寒いですね。

羽田を定刻通り飛び立ったカタール航空QR813便は、
10時間54分でカタールのドーハへ。
機内は8割程度の搭乗率。
僕は食後に1本映画を観たあとスイッチを切ったように爆睡(気絶?)。
「朝食を召し上がりますか?」とキャビンクルーに肩を揺り起こされたのは、
着陸の2時間前でした。

ドーハでのトランジットタイムは約2時間。
一昨年冬のエチオピア、南アフリカ取材旅行以来のハマド国際空港でしたが、
勝手は変わってなかったのでさらっと次の出発ゲートまで行けました。
ここのカフェで取り出したのは前回使い残した24カタールディナール(約720円)
で、ミネラルウォーターとエスプレッソをゲット!
(空港価格なのでこれくらいしか買えませんでした)

オスロまでのQR175便は搭乗率が4割程度に下がり、
乗っているのは8割以上が白人。
周りで日本語が聞こえてくることはありません。
旅が始まったぜ! という気分になります。

そうそう、
今回、予算の都合でフィンエアーさんに乗れなかったのは残念でしたが、
カタール航空さんも僕たちのお気に入りなんですよ。
キャビンクルーはラブリーだし、
なによりエコノミークラスでも機内食が美味しい!

オスロのガーデモエン国際空港は北欧らしいデザインもさることながら、
ターミナルに入ってすぐ驚いたのは『木の香り』。
そう建築素材に木材が多用されているのですよ。
だから空港というより、ホテルのような感じ。

イミグレーションの整然とした乗客さばきは成田以上だし、
インスペクターもフレンドリーでした。
バックパックを待つことなくピックアップした僕たちは、
珍しくここで免税品店へ。
ノルウェーは高税率の国ですからお酒を仕入れるなら街中は論外なんですよ。

さらっと税関を抜けた僕たちは、
成田エクスプレスに相当するエアポート・エクスプレス・トレインに乗って・・・
行きたいところでしたが、
チケット料金(約2500円/1人)を見たともこの「高〜い!」の一言で、
NSB(ノルウェー鉄道)の窓口へ。

しかしながら一人約1400円の料金とはいえ、
ローカル列車はゴージャスなピカピカ車両でスピードも速く、
僕たちは空港から30分もかからずオスロ中央駅へ到着しました。

車窓を逃れる風景はちょっと北海道に似ていますね。
緑が多く、建物がまばらで時折見える道路の交通量も少ない。

さて、オスロ中央駅では『準備編その2』でお話しした、
不確定要素その1をクリアしなければなりません。

それはベルゲン往復鉄道チケットの受け取り。

事前にネットから購入していたのですが、
航空券のようにこちらがプリントアウトするのではなく、
紙の乗車券を現地で受け取らなければなりません。
今までもこうしたオペレーションは、
ワルシャワやブラチスラバでやったことがありましたけど、
ちょっと微妙なんですよね。

しかし予め送られてきた電子メールにあったように、
8番ホームと9番ホームの間にあるNSBのオフィスで、
プリントアウトしたメールを見せたら、
さらっと乗車券一式を印刷してくれただけではなく、
いつもならインフォメーションでもらう、
マップなどの資料一式も一緒にくれたではないですか!

いやぁ〜、この至れり尽くせりの対応。
さすがは北欧だ。

さて、初日の宿は駅から徒歩10分程度のところにあるバックパッカーズ。
とはいえ、これまた良くも悪くも北欧。
ドミトリーが併設されているいわゆる『安宿』なんですけど、
ツインルームでも最低約9,000円!
僕らの予算ではかなり高いほうです。
それでも部屋は質素で居心地はいいですよ。

昨夜は目抜き通りのカール・ヨハン通り周辺を下見して遅い夕食を摂り、
23時前にはまた爆睡してしまいました。
長距離フライトの後で熱いシャワーを浴び、
ベッドで体を伸ばして寝ると、ほんと生き返ります。

今日のオスロは快晴。
いい写真が撮れそうだな。

それでは行ってきます!

えーじ
posted by ととら at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
無事の到着、なによりです。

昨日はサッカーで超ヒマでした。
今日は雨で超ヒマでした。

楽しんできてください!
Posted by みなみ at 2018年06月20日 22:42
みなみさま

なので、この時期に僕たちは出かけてしまうのです。
静かな野方のよろしく!
Posted by えーじ at 2018年06月21日 06:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183585308

この記事へのトラックバック