2018年10月13日

僕のおすすめ その1

お客さまの平均年齢がけっこう高めのととら亭。
ところがここ半年余り、
どうした訳か20歳代のお客さまが増えてきました。
そこでよく訊かれるのが「お勧めの国は何処ですか?」という質問。

もちろん彼、彼女たちが期待しているのは、
「そうだね、ボリビアかな?」
とか、
「エチオピアが良かったよ」
という答え。

でもねぇ・・・
まぁ、そんな国も頭に浮かんだのですが、
20歳代という相手の年齢を考えた僕は、

「日本がいいね」

と答えています。

なぜか?

外国に行くということは、
公務ではないにしても日本代表と見なされます。
そこで最も重要になるのは、
これから海外に行こうという人が気にする英会話力ではなく、
日本についての考えを持っているか? なんですよ。

だっていくら英語がペラペラ喋れたからって、
話すべき中身がないんじゃしょうがないでしょ?

え? 学校で習ったことを話す?
でも、それは知識であって経験じゃありませんよね?
(もちろん学生生活も経験のひとつですけど)

主語を明確に話す文法の国々で訊かれるのは、
往々にして本に書いてあったことではなく、
『あなたが何をどう考えているか?』なんですよ。
だから期待されるのは、
僕は××××××についてこう考えています、という答えなんですね。

で、日本についての意見を持つには実際に旅するのが手っ取り早い。
だからJAPANなのです。

といっても実際に旅するとなるとこの国も広い。
北海道と沖縄では気候風土だけではなく、文化もかなり違いますし。
そこで個人的にはまさしくその両方のどちらかをお勧めしています。

この前、別の文脈でちょろっと触れましたが、
沖縄と北海道は、もともと和人の住んでいた地域ではなかった。
ましてや沖縄は琉球として王朝もあった別の国でしょう?

美しい自然や美味しい食べ物を楽しむのは当然。
でも、それだけではなく、1日は沖縄でなら南部の戦跡や、
北海道ならアイヌコタンを訪れて現地の人の話を聞いてみて欲しい。
そこから何を感じるか?
それが『自分の考え』のコアになるんですよ。

20歳代の方であれば、
ぜひ一人旅にもチャレンジしてみて欲しいですね。
一人旅は二人旅やグループ旅行とはまったく次元の違う旅になります。
さらに、ツアーではなく、自分ですべてを手配する旅に出かけてみませんか?
心を開き、見ず知らずの人に接する最高のチャンスが訪れますよ。

北海道で、沖縄で、
あなたの経験がどんなものになるか、僕にはまったく分かりません。
でも、そうした旅から帰った後なら、
次の意見に同意してくれると僕はかたく信じています。

旅は究極的な学校であり、
そこで出会う全てが先生なんだ。

そうだったでしょ?

えーじ
posted by ととら at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184672790

この記事へのトラックバック