2018年11月10日

僕の小宇宙 その3 神保町4

間隔がだいぶ開いて書いております神保町シリーズ。
楽器、山、音楽と続いて最後はやっぱり古本です。

20歳代の頃はみすず書房の硬い本を入れても、
月に4〜5冊くらいのペースで読んでいましたから、
懐具合が追いつかない。

さらに『学校で教えてくれない』系の趣味な本は、
図書館も『教育上の配慮』から置いてくれません。
そこで足が向かうのは必然的に古本屋になった訳です。

当時、横浜に住んでいた僕の楽しみは、
春秋年2回の神保町めぐり。
とりわけ古本まつりでの買い出しは気合が入っていましたよ。
神保町にある古書店の品揃えは質量ともに日本随一ですからね。
しかしながら相場の高さもこれまたトップクラス。
そこでなるべく価格の下がるこの時期に行っていたのです。

古書店の書架はまさしく僕の小宇宙でした。
背表紙に惹かれて手に取り、
目次に目を通して「へぇ〜!」となり、
売値を見て「はぁ〜・・・」となる。
予算は限られていましたからね。

忘れられないのは、
神田古書センター(の確か3階?)で見つけた澁澤龍彦責任編集の雑誌、
『血と薔薇』全4冊(渋澤が編集したのは3冊目まで※)です。
彼のファンなら必読とされていたとはいえ、
いかんせん1968年に創刊され1969年に終刊してしまったレアな雑誌。
しかも版元の天声出版はとうに倒産しているので復刻の可能性もない。
(2003年に白順社から1〜3号が復刻されましたが・・・スゴイ!)
僕がそれまで現物を見たのは回顧展の展示物としてだけでした。

こりゃ読むなら国会図書館に行くしかないかぁ・・・

と、ほとんど諦めていた若かりし僕は、
この4冊が売り物として書架に並んでいるのを見て、
思わず「おぉっ!?」と叫んでしまいました。
今でも手に取った時の感動を覚えています。

しかし恐る恐る値段を見ればやっぱり「はぁ〜・・・」。
4冊セットで4万円かぁ・・・
(定価は1冊1,000円だったのですけどね)

ま、プレミアがついてるのはしょうがない。
そこで僕は帰りの電車賃を除いた手持ちの全財産、
約4,000円と血と薔薇を持ってレジに行き、
店主さんに「来週また来ますのでこれをとっといて下さい!」
とかけあったのです。
僕の気迫に押されたのか店主さんは苦笑しながら快諾してくれました。

翌週、抱きしめたお宝のページを『さぼうる』の隅で開いた時、
謎の古文書を読み始めたかのような高揚感に打ち震えましたよ。
雑誌とは思えない錚々たる執筆陣とその内容でしたからね。
あれはやはり時代の奇跡のひとつだったのかもしれません。

その他にもこれまたレアなハンス・ベルメールの作品集や、
ウニカ・チュルンの『ジャスミンおとこ』など、
足を棒にして探し出した喜びは今でも忘れません。

あの「おぉっ!?」って驚きと感動は、
amasonさんの検索でヒットしたものが届けられた時には、
けして味わえないものです

残念ながら最近は時間がなくてあまり行けなくなってしまいましたが、
秋や春の季節のいい時期に、
一日中じっくりお宝探しをやってみたいですね。

えーじ

※ 販売されたのは全4冊ですが、幻の創刊準備号があると言われています。
これは関係者だけに配布されたものらしいので国会図書館にもないでしょう。
いつか探し出してやるぜ!
posted by ととら at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184904119

この記事へのトラックバック