2018年12月02日

第6回研修旅行 その4

言葉だけでは伝わらないのが料理と旅。
だからなるべく早く写真をアップロードしようと思っていたのですけどね。
のんびりしつつもあれこれ出かけていたら、
明日は帰国日になってしまいました。

そこで今日はいつもと順番を変えて、
研修旅行の番外編からお見せしようと思います。

it_airmap.jpg

今回お世話になったガルーダインドネシアさん。
気流が安定していたので、飛行機はほとんど揺れず、
フレンドリーなサービスであっという間の7時間20分でした。

it_airmeal.jpg

エコノミークラスでも食事が美味しかったですよ。
ココナッツ風味のサンバルで和えたチキン。(カレーかな?)
インドネシア飯好きな僕らにはここからごちそうです。
初めての経験として「スープはいかがですか?」と聞かれました。
もちろん答えはYES。
で、出てきたのはカップに入ったチキンスープ(写真右上)。
面白いね。
ともこはここからオフ気分でビンタンビールもごくごく。

it_rayastreet.jpg

お〜、やってきました3年10か月ぶりのウブド。
ここは王宮前を東西に走るラヤ通り。
ほとんど変わっていませんね。
古い友人はあの頃のまま僕たちを迎えてくれました。

it_starbucks.jpg

でも、やっぱり微妙な変化はあります。
なんと、ラヤ通りにあるカフェロータスの右横にスタバが!
む〜・・・
ここはあんまりチェーン店に進出してほしい場所ではないんですが。
素敵なローカルカフェが沢山ありますからね。
お、しかしこのローカライズはやるねぇ!
分かります?
スタバのマークがガムランの銅鑼に描かれているんですよ。
だったらメニューにバリコーヒーやコピルア(※)もあるのかな?

it_hotel02.jpg

ここまでのブログで何度か僕たちが異空間にいるとお話しましたけど、
やっぱり文章だけじゃピンと来ませんよね?
ま、これを見てください。
中央に2階建てのバンガローがあるでしょ?
あの1階が僕たちの泊まっている部屋です。

it_hotel01.jpg

で、ベッドの上から見える風景がこれ。
目を覚まして窓を開ければご覧の通りの異空間なのです。
しかも鳥のさえずりや虫とカエルの合唱という、
ネイチャーサウンド付き。(サラウンドです)
ほんと、日常から解放されました。

it_waterpales.jpg

アンコールワットじゃありませんよ。
ウブドのウォーターパレス。
ここの隣にバンガローがあるのです。
中央の舞台では夜になると、
レゴンダンスやラマヤナバレーなどが上演されます。
僕らの部屋のテラスからはタダ見できました。(すんません)

it_monkeis.jpg

さて、じゃらんじゃらん(インドネシア語で散歩)で行った、
モンキーフォレスト。
愛くるしい(たまにグレた)野生のサルたちがいっぱいいます。
餌付けされたりしていないので、人間が近くに来ても知らん顔。
なまの生態が目の前で観察できて面白い。
彼らのまったりした様子を見て僕はニコニコモンキーズと名付けました。

it_monkeis02.jpg

この森の公園にはたくさんの石像があるのですが、
今回こんなのも見つけました。
日本では半分音遊びで使われる格言ですが、
インドネシア語では関係ないと思うんだけどな。
東照宮のパクリかしらん?

it_ricefield.jpg

では番外編としてウブドから出ましょう。
まずは美しいパチュンのライスフィールド。
ちょうど霧が出てきて幻想的なムードに。

it_budgul.jpg

次はブラタン湖に浮かぶウルン・ダヌ・ブラタン寺院。
僕たちが到着して写真を撮っていたら突然の雨が。
普通なら「がっかり〜・・・」なんですけど、
反対に深遠な雰囲気になりました。
実はここ、バリのチルアウト系の音楽CDで、
よくジャケットに使われているんですよ。
それで僕も知ったんですけどね。
息をのむ美しい光景でした。

it_tanalot.jpg

そしてもう一つのお目当てがタナロット寺院。
ここもまたCDジャケットではよく使われています。
残念ながら真っ赤な夕日をバックに撮れませんでしたけど、
これはこれで美しいじゃないですか。
雨季にも関わらず長年待ち続けたこれらの風景を見れたのは、
本当にラッキーでした。

it_restaurant01.jpg

へぇ〜、やっぱりオフだから観光もしてるんだ。
と早合点するなかれ。
料理は文化的なコンテクストでなければ理解できません。
そんなわけでこうしたところへ行くのも予備調査みたいなものなんですよ。
(半分は趣味ですけど・・・)
さぁ、次回は本番として料理やクッキングクラスのレクチャーを、
ビジュアルにご紹介しますね。

to be continued...

※コピルア
イタチにコーヒーの実を食べさせ糞に混じって排出された豆の使ったコーヒー。
バリ島でも非常に高価で現地の人はあまり飲みません。
で、お味の方は・・・次回のお楽しみ。

えーじ
posted by ととら at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185115166

この記事へのトラックバック