2019年03月11日

ととらな買い物 トルコ編その2

僕たちの仕入れの場合、
いわゆる衝動買いはまったくありません。
(予算も限られているので・・・)
目的のものを足を使って探して買う。
これに尽きます。

しかしながら、ものがものだけに探せばある、
という訳にもいかないことが珍しくないのですよ。

たとえばこれ。

tr_shishi.jpg

あ、ともこさんじゃありません。
彼女が手にしている串の方です。
(この写真には理由がございまして・・・)

ことの起こりは今を去ること7年前、
中東のヨルダンへの取材旅行を計画していた時、
仕入れの対象として串焼き用の串がリストアップされていたのですよ。
もちろん日本でも焼き串は幾らでも手に入りますが、
ご覧のような飾り串で長さが7寸の平皿にも乗る230mm前後のものは、
当時まったく見当たりませんでした。

そこでアンマンのスーク(市場)に赴き、
金物屋をしらみつぶしに物色したものの、
売っていたのは「フェンシング用ですか?」みたいなものばかり。

それ以来、旅行に出る度に探してはいたのですが、
いずれも帯に短し、たすきに長しで今日に至っていたのでした。

ところが今回、イスタンブールのエジプシャンバザールを訪れた際、
脇道のローカルマーケットをぶらついていたら・・・

おや? あれは!

と手に取ってみれば、
これが何と探していた条件にフルマッチの焼き串じゃないですか!

さぁ、ここでともこさんの登場です。

やったぜ! と喜ぶのも束の間、
見つけた手柄を自慢する隙も与えず、
ぐいっと僕の手から焼き串をもぎ取った彼女は、
一目散に店員さんのところへ!
そして始まる『ともこ語』による商談交渉。

メルハバ〜(こんにちは〜)! ディス、ハウマッチ?
え? 10本買うのに600円?
ノー、ノー、ノー!
プリ〜ズ、ディスカウント!
え? ダメ?
なんでよ〜! ディスカウント! ディスカウント!
ほんとにダメ?
じゃ、もう一本おまけして、おまけ!
それならOKでしょ? ワンモアプリ〜ズ!

ほどなく両手を上げた憐れな店員さんを後ろに、
喜々としてお店を後にした彼女でした。

で、個人的戦果をここでも強調したいとのことで、
先の写真でご登場となった次第でございます。
(見つけたのは僕だったのに・・・)

さて余談ですが、皆さまご存知のシシケバブ。
これ、実はトルコ語だそうで。

シシ(串) + ケバブ(焼肉) = 串焼肉

ですから今回取材した、
アダナケバブのような挽肉(キョフテ)バージョンは、
シシキョフテ(つくね?)の一種ということになるのですね。

えーじ

P.S.
ディナータイムで串焼き系の料理をご注文された場合は、
ともこが自らサーブし、
そこでもこの値切り戦果を自慢するかもしれません。
(というか「したい」そうでございます)
posted by ととら at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185689669

この記事へのトラックバック