2019年04月02日

アゼルバイジャン料理特集パート2

「やぁ! あんた日本人かい?」

2001年の4月。
カトマンドゥのタメル地区をぶらついていた僕に、
道端で新聞や雑誌を売っていた男が声をかけてきました。

「そうだよ」
「日本のプライムミニスターは誰だっけ?」
「え? 首相? 森総理大臣さ」
「Mori? いや、違うよ、そんな名前じゃない」
「Moriでいいんだよ」
「ノー、ノー! 確か・・・コジュ・・コジュミだ」
「コジュミ? 誰だいそりゃ?」
「ほら、この男だ!」

そう言って彼は入荷したばかりのTIME誌を僕に見せました。

え? なんで小泉純一郎が表紙になってるんだ?

「分かったよ。彼はKoizumiだ。でも首相じゃないよ。
 確か大臣でもない」
「ノー、ノー!プライムミニスターだ!」

しつこいな・・と思いつつ、彼が差し出したTIME誌を受け取り、
ページをパラパラめくってみると・・・

え? 森内閣が解散して小泉純一郎が総理大臣になったの!?

4月初旬から3週間に渡る南西アジアの旅に出ていた僕は、
すっかり日本の情報から取り残されていたのです。
(当時Wi-Fiなんてなかったし、パソコンも持って出かけませんでした。
繋げる場所もありませんでしたからね)

やれやれ・・・
自分の国の総理大臣を別の国の人に教えられるとは。

そして19年の時が流れ・・・

ふ〜・・・やっとメインキャプションが書き終わったぞ。
ともこに校正してもらわなくちゃ。

4月1日。
僕は朝からシャッターを下ろした静かなととら亭にこもり、
旅のメニュー変えに没頭していました。

そして一段落した夕方、気分転換にふとニュースを見ると。

ん? 新元号が発表された?
あれ、今日だったっけ?
いやいや、エイプリルフールじゃないか。
どうせ誰かのジョークに決まって・・・ありゃ? ホントだ!

令和になったんですね。
知りませんでした。

2001年の時は身も心もネパールにいましたし、
今度は頭の中がアゼルバイジャン1色になっていたので。

というわけで準備が出来ました!

アゼルバイジャン料理特集パート2!

明日から心身ともに日本に帰って、
皆さまのご来店をお待ちしております。

おやすみなさい。

えーじ
posted by ととら at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185804374

この記事へのトラックバック