2019年04月27日

ととらな旅のおすすめ その1

さぁ、始まりました10連休!
今頃、このブログを旅先で読んでいる方もいらっしゃるでしょうね。
そこで今日から数回に分けて、
『ソロの個人旅行以外』で旅をしている方に、
ととらっぽいリコマンドをしたいと思います。

え? なんで『ソロの個人旅行以外』なのかって?

というのも、これからお勧めすることは、
ソロの個人旅行なら当たり前というか、
避けて通れないことだからなのですよ。

それでいて『ソロの個人旅行以外』だと、
たとえそれが『個人旅行』であっても必須ではなくなります。

しかし必須でないからと言って、けして無駄や無意味ではありません。
いや、むしろ旅の密度を上げるにはとても効果的なことだからこそ、
ぜひこの機会にお勧めしたいな、と思いまして。

じゃ、まずこれから行きましょう。

地図です。

訪れる国や街の地図を広げて、
これから旅するルートをトレースしてみてください。

地図を使い慣れていない方にはとっつき難いかもしれませんが、
コツは基準点を設けることです。

たとえば国であれば首都、街であれば広場や駅などがいいでしょう。
そこを中心に移動するルートをトレースすると、
頭の中に旅の空間がだんだんイメージできてきます。

もう一つのコツは現地で方角とイメージを一致させること。
地図の上下左右は一般的に東西南北と対応しています。
(上が北。ずれている場合は地図の中にコンパスの絵が描かれており、
 矢印が指し示してあるかNと書かれている方が北です)

最近はスマホのアプリにもコンパスがありますから、
旅先でコンパスが指し示す北へ地図の上辺を向けて、
実際の風景とイメージを重ねてみて下さい。

どうです?
GPSを使わなくても自分がどこにいるのか分かりましたか?

これを移動中に何度かやるとですね、
初めて訪れた街でも迷うことが減ってくるだけでなく、
効率的な移動ができるようになるんですよ。

あ、忘れちゃいけない注意がふたつありました。

旅先で移動中に地図を見る時は、
脇に寄るなどして建物を背にして下さいね。
道の真ん中でやると往来の妨げになりますし、
何より後ろから引ったくりに遭う可能性があります。

それから地図を使ってのオリエンテーリングは、
スマホのナビゲーションとはまったく別物です。
スマホの画面を見つめながら歩いても、
目的地には『効率的』に着くかもしれませんが、
それ以外には、はっきり言って何の意味もありません。
いや、むしろ百害あって一利しかないでしょう。

試しに二つのやり方を試してみて下さい。

後日、歩いた道を思い出そうとすれば結果は歴然ですよ。
なぜならオリエンテーリングで歩いた道以上に、
ナビゲーションに頼った道を思い出せることはまずありませんから。
それじゃ旅がもったいない。

さぁ、前置きはこれくらいにして、
歩き始めましょう!

to be continued...

えーじ
posted by ととら at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185919699

この記事へのトラックバック