2019年05月17日

自分の旅のために その3

火曜日

16時頃、セルフナビのタクシーで帰りついた僕は、
アパートの階段で身も心もゲームオーバー。
そこで待っていてくれたともこに処方箋を渡してダウン。

そういえば22時間以上、なにも食べていませんでした。

しかし、こんな時にも僕は意外と冷静で、
ちょっとした発見があったんですよ。

ストレッチャーの上で点滴を受けていた時、
すっかり気分が良くなると蘇ってきたのが空腹感。
帰り道にラーメンでも食べて行こうかしらん?
とマジで思ってました。

ところが起き上がってめまいと吐き気が戻ってくると、
一瞬でさっきの食欲はどこかへ行ってしまったんですね。

そう、吐き気と食欲は共存しないのです!

え? そんなどうでもいいことを病院で考えていたのか?

はい。

じゃ、話を戻して火曜日の夜。

薬を飲むには、その前に何か食べなくてはいけない。
しかし船酔い状態ではなかなかものも喉を通りません。
それでもせっかくともこが食事を用意してくれたので、
寿司を少々つまみ、薬を飲んだら朝まで気絶。

カイセリの一件を髣髴させる、なんとも長い一日でありました。

水曜日

ぐっすり眠って気分よく起床。
ところが起き上がると同時に戻ってくるのがあのしつこい船酔い。
薬のおかげで昨日ほど酷くはないものの、
仕事に戻るには程遠い状態です。

良性発作性頭位めまい症・・・か・
やれやれ、この症状のどこが『良性』なんだか、
まったくネーミングセンスを疑うよ。
マゾな人だね、きっと。
と、ボヤいたところで始まらない。
まず三半規管に入った耳石をどうやって外に出すかだな。
その方法をから考えよう。

僕は頭を揺らさないようにゆっくり起き上がり、
自分の部屋のPCを立ち上げました。

確かエプリー法っていう体操みたいなのがあったはずだ。

ユーチューブで検索すると、
分かりやすい説明が幾つもヒットしました。
僕は繰り返し見てやり方を覚え、

そうか左の三半規管に耳石が入っている場合は、
顔を左45度方向に向け、そのまま仰向けになり、
頭を水平より下に下げて30秒キープ。
次はそのまま右45度方向に向けて、同じよう30秒キープ。
最後は体ごと左側に傾けて30秒キープ。
そして上半身を起こして終了・・・か。

右の三半規管に耳石が入っている場合は、
この逆をやればいいんだな。
なんだ、簡単じゃないか。

僕は早速スマホにインターバルアプリをインストールし、
インストラクションに従ってエプリー法を試してみることにしました。

左右どっちの三半規管に問題が起こっているのかは分からない。
ってことは、取りあえず両方やっとけば間違いないってことだな。

ではインターバルアプリに時間をセットして開始。
続けて調べたセモン法やローリングマヌーバーもやってみましたが、
昨日、親切な看護師さんが教えてくれたでんぐり返しは、
アパートの襖に穴を開けそうなのでパス。

ん〜・・・どうなんだろう? 効果はあったのかな?
なんかめまいが余計にひどくなったような気もするけど。

暫く仰向けになったまま、船酔いが落ち着くのを待ち、

よし、第2ラウンド、行くぜ!

こうして再びすべての方法を試し、また休んでは試す。
こんな涙ぐましい努力で午前中が過ぎて行きました。

自分で言うのもなんですが、
この一連の行動を客観的に見ていたら、
けっこう笑えたかもしれません。
変ですから。
本人は至ってマジですけど。

あ、傑作だったのはこの病気の予防方法。
ざっと読んでみたらですね、

・運動不足にならないよう心掛ける。
 → おいおい、これ以上トレーニングやったら別の問題が起こるよ。

・長時間の側臥位を避ける(テレビを横になって見ない)
 → いいね、こういう生活を送りたいもんだ。

・骨粗鬆症の予防をする
 → 毎日牛乳を飲んでますし、ヨーグルトも食べてるよ。

・頭部打撲を避ける
 → ああ、これはともこに言っておこう!
 
とまぁ、いまさら言われても困るものばかり。

午後は少し食欲が出てきたので、ともこの差し入れの弁当を食べ、
読書と昼寝で静養していました。

え? 彼女はどうしているんだ?
そうそう、今日はともこのソロステージなんですよ。

木曜日

は〜、よく寝た。頭はすっきり。元気いっぱい。
でも起き上がったらどうだろう?
お、いいね、あんまりぐらぐらしないじゃん。
昨日の努力が実ったみたいだ。
手当たり次第に何でもやったからな。

揺れ具合は大型船でクルージングしている程度になっています。
こうなると吐き気も収まり、食欲が戻って来ました。

僕はコーヒーを温めて軽い朝食を摂り、
普段通りに読書を始めました。

窓から入って来る春の風。
お気に入りの音楽。

あ〜、こうして時間を気にせず本を読むのは本当に久し振りだ。
前は確か・・・
1月に腰部椎間板ヘルニアの痛みでダウンした時だった。
結局こんな風にならないとまともな休みにならないとは。
堅気の皆さま、個人経営の飲食店で独立することだけはやめましょう。

こうして午前中はのんびり過ごし、
午後はまた耳石の取り出し大作戦の再開です。

これ、終わった途端にぱっと効果の出るものではありませんが、
じわじわ良くなってくるところからして、
それなりの効果は期待できるのかもしれません。
事実、夕方には殆ど症状がなくなりました。

どれ、それじゃちょっと試してみるか。

僕はゆっくり、軽く筋トレを始めてみました。
2日半、部屋にこもりっぱなしだったので体がすっかり鈍っています。

お、いいね、まだ少し揺れている気がするけど、
この程度なら無視できる。

時計はそろそろととら亭の閉店時間。
今日もともこがソロでやっています。
彼女の方もだいぶ疲れてきているでしょう。

OK、じゃ、お店に行って、
リハビリがてら片付けを手伝ってみよう。

本日

今は13時40分。
お店のカウンターでキーを叩いています。
朝から体調はよく、ほぼ95パーセントくらい回復したかな?
まだ時々ふわっとした感じが残っていますが仕事に支障はないでしょう。
今日のディナーから現場に復帰します。

いや〜、今回も大変勉強になりました。
この病気は原因の具体的な特定が難しく、
いつまた再発するか分かりませんから、
最悪、医療施設のない地域を旅している時を想定して、
善後策を作って行こうと思います。

結構しんどい症状なのでネット上には悲観的な意見もありますけど、
僕はこうしたことも付き合い方だと考えているんですよ。

そう、自分自身の旅のために。

to be continued...

えーじ
posted by ととら at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186010360

この記事へのトラックバック