2019年05月26日

Just you and I.

この週末も家族連れのお客さまが何組かいらっしゃいました。
3人、4人、5人組・・・
その人数と続柄の組み合わせはまちまちですが、
みなさん、とても楽しそう。

いいですね。
こうした『家族の風景』というのは。

そんな場としてととら亭を使って頂けることを、
僕たちはとても嬉しく思っています。

と、パントリーから見ていて、
僕はふと、そうしたご家族に共通している、
あることに気付きました。

それは交わす目線と楽しそうな会話。

家族の中でひとりうつむいてる人がいるわけではなく、
誰かが一方的に喋っているのでもない。
それぞれのメンバーが食事と会話に参加し、
いわば食卓という空間を均等にシェアしているのです。

家族の定義とはさまざまですけど、
『みんなで日常を共有する集団』という側面は、
血縁という生物学的な事実以上に、
大きい意味を持っているような気もします。

それから、気付いたもうひとつの共通点は、
食卓に余計なものがない、ということ。

たとえ小学生のお子さんがいるご家族でも、
楽しそうな食卓には、ゲームマシン、スマートフォン、マンガ本など、
本来パーソナルなシロモノが転がっていない。

考えてみれば、それは当たり前の話で、
みんなで何かをする場に個人で楽しむ物があるのは、
不自然だと思いません?

どうしても個人的なことをしたいのであれば、
家族であれ、友人同士であれ、いや、恋人同士であっても、
その場で一緒にいる必要はない。
一緒にいる意味もない。

Just you and I.

幸せというのは、
多くの条件を満たさなければ得られないものではなく、
実は、反対に、とてもシンプルなことなんですよ。

そうじゃありません?

えーじ
posted by ととら at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186050349

この記事へのトラックバック