2019年06月04日

自分の旅のために その4

「何かおかしい」

5月第4週目の週末。
するどいお客さまは、ととら亭の異変に気が付いていました。

「今夜はやたらと、ともこさんが料理を運んでくるな」
「でも、えーじさんはカウンターの中にいるよ」
「あ〜、きっとまた腰を壊して動けないんだ」
「あれ? こっちに出て来た!」
「普通に歩いてるね」
「う〜ん、でも、やっぱり何かが違う」

ふ、アタリです。

実は『自分の旅のために その1』からお話しております、めまい、
治ったと思った矢先の5月24日の朝、
起きたら再発していまして。
なんとかフラフラお店まで来たものの、
状態は前回とほぼ同じ。

「大丈夫? 帰って休んでていいよ」
「と甘えてばかりもいられない。
 ととら亭の営業はともかく、旅先で発症した時のことを考えて、
 どこまで動けるかこの機会に試してみるよ」
「え〜っ! やるの? 無理しない方がいいんじゃない?」
「もちろんダメだったら途中で帰らせてもらうさ」

そう始めてみたのはいいのですが・・・

よ〜し、そんじゃ行ってみますか。
うん、ただじっと立っているだけなら、
たまに震度1の揺れが来るくらいだな。
あ、お客さんだ。

「いらっしゃいませ。お二人さまですか?」

こうしていつものように動き始めると・・・

お、おお、揺れが大きくなりはじめたぞ。
震度2・・・
おわっ、視線を下げたらつんのめりそうになっちゃった!

2分経過。

「お待たせしいたしました。
 アゼルバイジャンの冷たいヨーグルトスープです」

OK、まだ大丈夫。
効率的に動いて体の動きを最小限に抑えればいい。

3分経過。

あ、またお客さんだ。

「いらっしゃいませ。お一人さまですか?」

4分経過。

お、おお、揺れが震度3くらいになって来たぞ。
うぁ〜、カラータイマーがピコピコだ!

5分経過。

「2番テーブルの前菜できたよ!」

うげぇ〜、船酔いみたいになってきた。
タイタニ〜ック!

「ちょ・・・ちょっと座っていい?」
「ほら〜、もう! 無理するから!」

僕はお客さまの視線からブラインドになる、
ともこの立ち位置の横で座り込んでしまいました。

む〜・・・動作を最適化しても普通に動けるのは5分間程度か。
ま、ウルトラマンより長いな。

目を閉じたまま15分ほどじっと座っていると、
だんだんめまいが治まって来ます。

よ、よし、落ち着いてきたぞ。動作確認だ。
ゆっくり立ち上がってみよう。
OK、次は首の動作。
右見て、左見て・・・下を・・・うぇ、上下動がダメだな。

ゴングが鳴ってコーナーから立ち上がったボクサーのように、
僕は慎重な足取りでパントリーに戻りました。

「すみません、この料理に合うワインは何ですか?」
「あ、は、はい、かしこまりました。少々お待ちを」

これはともこにパスできないんだよな。
何とかまたカラータイマーがピコピコし始める前に、
リコマンドしてサーブまで進めなくちゃ。
タイムリミットは5分だ。いくぜ!

こんな風に5分働いて15分休むという、
奇妙な僕の登場サイクルに気付かれたお客さまが、
「何かおかしい」と言っていたのですよ。

当然、忙しかった週末は、最後のお客さまを見送ると、
僕はベンチシートにダウン。
座るより横になった方が回復も早いのです。

さて、今回は金曜日に発症して土曜日がピーク、
日曜日から回復し始め、火曜日にはほぼ普通に動けるようになりました。
ということは日常生活への影響は4日間。
ここまでは分かったのですが、未だに診断はつかず、
具体的な should do と should NOT do は分かりません。
ただ思い起こすと、
2回の発症で共通していたのは直前にジョギングしていたこと。

これが原因かトリガーなのかしらん?
頭位性めまいの場合は反対に運動が推奨されているくらいなのに。
でもこうした場合は先入観を捨てて、すべての可能性を考量すべきだよな。

そこで僕は先週の金曜日から少しずつトレーニングを再開しました。
今のところ身体感覚に異常はありません。
で、今日の夕方、いよいよ発症した時と同じメニューで、
人体実験をやってみようと思います。

1回目と同じであれば、今日の夜に、
2回目と同じであれば、明日の朝、めまいが再発するはず。
そうしたら2回は偶然でも3回続けば必然です。
病気の診断もより絞り込めるでしょう。

はたして僕は明日のランチ営業に出られるか否か?

to be continued...

えーじ
posted by ととら at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186093283

この記事へのトラックバック