2019年09月28日

よくいうフレーズのディープな理由

ふたつ前のブログで、
ともこのよく言うフレーズをお話しましたが、
その背後にあったディープな理由がわかりました。

それは・・・

「今年の区民検診はいつ行くの?」
「ん〜・・・」
「僕は来週の定休日に行って来るよ。
 この後いろいろ忙しくなるかもしれないから、
 なるべく今月中に受診しといた方がいいよ」
「だって・・・」
「なにか予定でもあるの?」
「べつに・・・」
「じゃ、僕と同じ日に行っちゃえば?」
「それは困るよ」
「なんで?」
「だって・・・」
「だって?」

「減ってないから・・・」
「なにか?」
「体重」
「・・・? 別にいいじゃん」
「よくないよ!」
「なんて?」
「どうしよう?」
「なにを?」
「・・・・・・」
「黙ってちゃわからないよ」
「ど〜せ、えーじにはわからないよ!」
「おいおい、そりゃ藪から棒だね。
 なんにも言わないで決めつけられちゃかなわんよ」

「・・・・メタボって言われちゃったらどうしよう?」
「はぁ?」
「メタボって言われたら恥ずかしいじゃん!」
「ともこの体形でそれはないと思うよ」
「そうかな?」
「うん」
「じゃ、行っても平気かな?」
「平気じゃない?」
「ほんと?」
「ああ」
「じゃ、行って来る!」

で、いそいそ出かけて行きました区民検診。
その結果は・・・

「やった〜っ! 平気だったよ! メタボって言われなかった!」

で、ぐるっと回って振り出しに戻り、その日の晩は・・・

「ビールちょうだい!」

・・・か。

乙女心とは、げに不可解なるものでございます。

えーじ
posted by ととら at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186615483

この記事へのトラックバック