2020年01月12日

恥ずかしい写真

と言っても、
皆さんがいま想像しているようなものではありません。

しかしやっぱり、恥ずかしいものは恥ずかしい。

で、撮り直すことにしました。
その話は旅のメニューを切り替えていた今月6日の月曜日に戻り・・・

「どう? 進んでる?」
「ああ、今回は昨日までに写真の選別が終わってたからね。
 そっちは?」
「あたしも予定よりちょっと前倒しで進んでるよ」
「・・・そう。じゃあさ、ちょっと提案があるんだけど」
「なぁに?」
「ん〜・・・説明するより見てもらった方が早いな。
 ちょっとこっちに来てくれる?」

僕はノートPCのディスプレイを彼女に向け、

「これなんだけどさ」
「あ〜、これ!」
「そう」

kebab_old.jpg
ドネルケバブライス

「この写真は・・・」
「前から気になってたんだよ。
 ピントは甘いし構図も平坦で奥行きがない」
「私の方もヨーグルトソースのかけ方がカフェ飯みたいだし、
 再現性でも現地のトマトはプチトマトじゃなかったんだよね」
「それからこれ」

mantou_old.jpg
マントゥ

「これはピントが合ってるじゃない?」
「いや、そうなんだけどギョーザのディティールを伝えようとして、
 アップにし過ぎたんだ。
 これじゃ他の写真とバランスが取れない」
「じゃ、絵を引けば?」
「いや、あれでフレームしちゃったから引けないよ。
 ってわけで両方とも撮り直さない?」
「ふぅ〜・・・忙しいのに・・・しょうがないね!」

ということになり、
急遽、本番用の食材を使って料理を作り、
撮り直した写真がこれ。

tr_donerkebabrice.jpg

tr_manti.jpg

「OK、撮れたよ」
「どれどれ、見せて。
 お〜、前のよりぜんぜんいいじゃない?」
「さすがにメニュー撮影もかれこれ10年やってるからね。
 これくらいは進歩してないと」

こうして写真を差し替え、出来たメニューをリリースしたのです。

え? 撮影用の料理はどうなったのかって?
もちろんその日の賄いで食べてしまいました。
美味しかったです。
でも、ともこは・・・

「まったく、お客さん用に仕込んどいたのに、
 1食分損しちゃった!」

ま、いいじゃないの。

えーじ
posted by ととら at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187026387

この記事へのトラックバック