2020年03月02日

Ten years in Nogata

2010年3月2日。

翌日は独立して初めての仕事が始まる日。
僕らは業者さんと親族のレセプションを終え、
オープンに向けた最終調整に入っていました・・・

なんていうと、もっともらしく聞こえるかもしれませんが、
実情は仕込みやメニュー作り、その他の雑務の山に埋もれ、
気が付けば、もうろうとした意識の中、開店時間が迫っていた・・・
というのが正直なところ。

あれから今日で丸10年。
この日が来たのをいちばん信じられないのは、
とうの僕たちだと思います。

ととら亭の旅立ち。
それは開業前の準備に費やした2年間も含め、
まさしく『地図のない旅』でありました。

とにかく、すべてが分からないことだらけ。
しかも訊ける相手がぜんぜんいない。
どうやったら『旅の食堂』なんていう飲食店が作れるのか?
そして、それをどうやって運営して行けばいいのか?
リソースは資金もマンパワーもしょぼい限りでしたし、
(今も変わりませんが・・・)
時間も潤沢に使えるわけではありません。
(これも変わってませんね・・・)

そんな僕らが持っていた唯一の武器は、
それまでに行った数々の旅の経験でした。
特に独立の前年に行った、中南米3カ月間の旅は、
11年後の今に至るまで、
僕らを支えてくれる頼もしい柱となっています。

出発後の航海も時化の海が多かったですね。
とりわけ独立してからの2年間は、
トライアルアンドエラーの日々が続いていました。
そのエラーの部分だけでも本が数冊書けるくらいですよ。
ほんと、あちゃあ〜・・・なことが沢山ありました。
でも、いちいち落ち込んでる余裕すらない。
次がすぐにやってきましたので。

この10年を振り返ってみて、
客観的に採点すると、もちろん100点満点ではありません。
僕らはただの凡人ですからね。
しかし、ふたりとも、これだけは言える、ということがあります。
それは・・・

この結果が僕たちのベストだった。

ということ。

最後に、ふたつの感謝をもって、
この記念すべき日のブログを締めくくりたいと思います。

東京で、日本で、世界で僕たちを理解してくれた皆さま。
正直、10年前のこの日、僕はここまでたくさんの人々が、
僕たちの仕事を理解してくれるとは思っていませんでした。

もしかしたら、いや、確実に、
僕たちが得た最高の勲章は、10年分の売り上げではなく、
皆さんのご理解だったと思います。
嬉しかったです。
本当に、どうもありがとうございました。

そしてもうひとつ。

僕の厳しい要求に応え、どんな時も僕を支えてくれた、
妻にして旅の相棒であり、最高の旅の料理人でもある、
智子に。

どうもありがとう。

えーじ
posted by ととら at 14:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
これまでの歳月の重みを考え、その間のさまざまな出来事に思いをいたし、敬意をもって祝意を表示ます。

お二人にとって、「10年」と簡単にひとくくりにできないいろいろな要素と感慨がある年月であることは承知しておりますが、まずは10年を迎えられたことをお祝いし、今後ますますのご発展をお祈りします。
Posted by にじゅうにばん at 2020年03月02日 22:44
にじゅうにばんさま

先輩からの励ましのお言葉、ありがたく頂戴いたします。
店舗での仕事のみならず、
ブログの駄文から拙著までご支持をいただけたことは、
緊張感をもって、いつも有り難く感じておりました。

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by えーじ at 2020年03月03日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187222055

この記事へのトラックバック