2020年04月12日

ととらなハイパースリープ戦略

今日からととら亭も期間未定で休業に入りました。

なかにはランチ営業のみとか、
カフェとテイクアウトで「しぶとく続けるのでは?」
と思われていた方もいらっしゃいましたが、
まぁ、この辺が潮時でしょう。

でも心配しないで下さいね。
実はこのシナリオ、
僕らが1日2回の検温を始めた2月中旬から考えていた戦略なのですから。

そう、休業して冬眠(春眠?)に入る。

しかし、そのタイミングは、
『政府から要請があったら』という単純なものではありませんでした。

僕らはこの現状をより複雑な、
一種のサバイバルレースと見なしているのですよ。

サバイバル(survival)とは『生き延びる』の意。
そして今のコンテクストでは、
生命と経済という、ときに矛盾するふたつの要素が複雑に絡み合っています。

もちろん究極的な選択をするなら、
誰もが生命を取るのに躊躇はしないでしょう。
しかし、選択結果の正誤は選択する状況が決定するんですよ。
素朴なヒーロー、ヒロインには、
ときに論理矛盾を含むこの複雑性が分かっていない。

だってほら、
『命を守るために!』と旗を振っている方たちの殆どは、
現時点で収入の心配がない方たちでしょう?

違います?

個人事業主である僕らは、
個人的に、自らの生命だけではなく、
経済(生活=ととら亭)も守らなければならない。
究極的な選択とその結果を口実に、
おカネを気にせず家にこもるわけにはいかないんですよ。

では、どうしたらいいのか?

この誰も教えてくれない答えを2月から考えていたわけです。

当時、僕は武漢市の状況は数カ月後の東京であると想定していました。
違いはアドバンテージとして、
新型コロナウイルスについてより多くの治験情報が集まっていること。
ディスアドバンテージは、
社会主義国家のように都市封鎖ができる強権を日本が持っていないこと。

そこで僕が追っていたのは、
感染者数、特に東京における罹患率と、
重症化する確率、死亡率、治癒率の推移、
それに並行する同じタイムライン上の、ととら亭の集客数と売上高、
これらの数字でした。

つまり何をしていたのかと申しますと、
リスクを横目で見ながら休業というフェーズ2に突入する、
タイミングを見計らっていたのです。

無収入期間を持ちこたえる経済的体力をどれだけ持って、
無期限休業状態に飛び込むか?
このジャンピングポイントが、経済(生活=ととら亭)の死活を分ける。
これは僕らに限らず、業種業態を超えて、
すべての個人事業主に共通しているはずです。

確かに政府の救済策は出されました。

でもね、個人事業主を10年以上、
さらにバックパッカーを30年以上もやっていると、
うまい話を額面通りに受け取って飛びつく無邪気さはなくなるものです。

またテイクアウトで減収の補填をというオファーを受け、
実行している店が野方でも何軒かありますけど、
これもほどなく皆さんやめてしまうでしょう。
その理由の説明は長くなるので、またいずれかの機会にお話しますね。

とまぁ、こんなわけで、
ととら亭の休業は、戦略的判断に基づいた作戦であり、
こと僕らに関していうなら、
こうした氷河期のサバイバルに関しちゃエキスパートですから、
大丈夫ですよ。

だってほら、あの時代、威勢のいい恐竜は淘汰されてしまいましたが、
小さなげっ歯類、つまりネズミなんかは生き残れたでしょう?

僕らはリーマンショックの余韻のさなかに独立したんですよ。
要はセコイから生き残れるのです。

えーじ
posted by ととら at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
私は先週からお休みしてます。仕入れストップもしていませんが(仕入れ先も大変)何とかなるだろうと思うしかありません。身体を休めて人生の反省中です。
Posted by apois at 2020年04月13日 10:53
apoisさま

コメントありがとうございます!

先に休業に入られたと思っていたら、なんと『人生の反省中』とは!
さすがは先輩。頭が下がります。

僕らは例によって反省より、
「そんじゃ何して遊ぼうか?」となってしまったので、
自宅軟禁状態が解けても人間的な進歩は期待できそうにありません。

たしかに自分だけではなく、パートナー企業も心配ですよね。

経済は個別の話ではなく、一種の流れですから、
僕らの仕入れ先各社も極めてクリティカルな状況に陥っています。

こうした苦境の中で僕が思い出したのは、
小学生のころの、あるおっかない老先生が言っていたこの言葉。
それは・・・

『イモ喰って太れ、水飲んで耐えろ』

やっぱり戦争をくぐり抜けた人は違いますね。

僕らもしたたかに生き残りたいと思います。
Posted by えーじ at 2020年04月14日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187373413

この記事へのトラックバック