2020年05月04日

旅の料理のはじまり

ともこです。

5年前の研修旅行で訪れたのはタイとミャンマー。
タイのバンコクは以前行ったことがありましたけど、
チェンマイとチェンライは初めてでした。

なかでもチェンマイは名物料理が楽しみでした。
ハーブたっぷりのスパイシーソーセージ、サイウア、
ココナッツカレー風味の麺料理、カオソイ、
そしてラオスから伝わったといわれる、
ひき肉とハーブのサラダ、ラープ。

どれもタイのビールとぴったり。
暑くても汗びっしょりになりながら、
これらの料理を食べてたら元気が出てきたのを思い出します。

今回はその中からラープを作ってみました。

ttr_larb.jpg
試作

th_larb.jpg
現地で食べたもの

お肉を使っていますけど、さっぱりしているので、
試作した分はふたりであっという間に食べてしまいました。
あんまり美味しかったから次の日もまた作ったんですよ。
これはこの夏の黒板メニューで出してみようかな。

ととら亭を始めてこの10年間は、
営業の合間の限られた時間の中で試作をしていましたから、
思うように進まなくていらいらしたり、ハラハラし通しでした。
今回、不本意ながらも、
まとまった時間をもらえて思い出したことがあります。

海外旅行に行き始めた頃は、
美味しかったあの料理をもう一度食べたいなーっていう、
純粋な気持ちだけで料理を作っていたんですよね。

本を調べてレシピを見つけて、
アパートの狭いキッチンで作って、
それからそれをえーじに食べてもらって。

あの頃の気持ちを忘れないで、また頑張ろうと思ったことが、
私のこの休業期間の、一番大きい収穫だったかもしれません。

th_cmirst.jpg
チェンマイの食堂で
posted by ととら at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187448870

この記事へのトラックバック