2021年03月03日

11回目の独立記念日

初心わすれるべからず。

なにごともそう言われておりますが、
僕らにとって初心に相当する独立に至る日々は、
忘れたくても忘れられない仕事の原点。

それはこの長い旅を続けるうえでコンパスのような役目もしており、
判断に迷ったり、進路を見失いそうになったとき、
いつも僕らを進むべき方向へ導いてくれるのです。

そして、その地図に相当しているのがこれ。

historybook.jpg

カウンター席の前にひっそり立てかけてある『旅のメニューのヒストリー』。
ここには2010年3月以来、
これまでに再現した140種類におよぶ旅のメニューが収められています。
ページを繰りつつ、特集やメニューの繋がりを見ていると、
11年間の長い旅のルートが鮮やかに蘇ってきます。

OK、この進路で間違いない。

今でも時々、こうして方向を確かめながら、
僕らは仕事を続けているのですよ。
とにかく何年たっても迷うことはなくなりません。
とりわけ出発したときは字義通りの五里霧中。

pretotoratei.jpg

なんだか分かります?
これ、2010年1月中旬当時のととら亭。
ホールからキッチン方向を見た状態です。
ご覧のとおり、なんにもない。まさしくゼロからの出発でした。
しかもほとんどがDIY。
可能な限り自分たちでやっていたものですから・・・

sleeping2010.jpg

こうなるわけです。
これはオープンを数日後に控えたある晩の光景。
アパートに帰れず、お店に寝泊まりする日々が続いていました。
ほんと、むちゃくちゃしんどかったです。
でも、この日々があったから今がある。
この日々を忘れないから旅を続けていられる。

blackboard2021.jpg

今日はととら歴11年と1日目。
また新しい旅の始まりです。
船体もクルーも老朽化が進み、高い波がとうぶん続きそうですが、
まだ見えない未来に向かって漕ぎ出したいと思います。

よし、錨を上げろ!

ともこ & えーじ

daruma2021.jpg
posted by ととら at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
11年、おめでとうございます。

歳月の重みを感じますね。

次にお邪魔した時には、お二人とととら亭のこれまでの歩みを思いつつお食事をいただきたいと思います。
Posted by にじゅうにばん at 2021年03月04日 07:11
にじゅうにばんさま

いつも応援ありがとうございます!
お陰さまで『奇跡的』に11周年を迎えることができました。

12年目の『さらなる奇跡』を目指して、
ここからまた地道に旅を進めて行きたいと思います。

引き続きご支援とご教授をよろしくお願い致します。
Posted by えーじ at 2021年03月05日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188453648

この記事へのトラックバック