2021年03月20日

昨日とは違う世界へ

春といえば進学と就職の季節。
しかし中には転職という方もいらっしゃいます。

コロナ禍で経営環境が厳しさを増す昨今、
5カ月間に及ぶ就職活動を続けられたケースもありました。

「明日4件目の面接なんですよ」

「この前のはダメでした。
 でも今度は1次が通って来週2次面接です」

転職を繰り返した僕らには、
どうも他人ごととは思えない時がありまして、
「がんばってね!」という声にも力が入ってしまうことがしばしば。

しかしその分、
「決まりました!4月1日から勤務です!」
そんな言葉を聞くと、こちらの嬉しさもひとしおですね。

転職というのは就職と明らかに違います。
なぜなら転職には前職があり、前職を辞める理由がある。
その内容は人それぞれですが、
経緯に重みのない人はまずいないでしょう。

そして面接で値踏みされる経験を繰り返すうちに、
組織というものの本質が、労働という行為の本質が見えてくる。
それはちょっと、
再婚した人にも共通した何かがあるような気がします。

僕はそうした『前』を持つ彼、彼女に、
なにかシンパシーを感じてしまうんですよ。

『前』は過去になったとしても、それはけして『失敗』ではない。

言い換えれば、
『知った』ことが『分かった』段階に昇華されたとき、
僕らはまたひとつ、本当の意味で、前に進むことができる。

これは若造だった頃の僕にとって、
理解のできないことのひとつでした。

いってらっしゃい!

えーじ
posted by ととら at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188507313

この記事へのトラックバック